2016’01.16・Sat

THE MONOCHROME SET 「THE LOST WEEKEND」

pmonochromeset001.jpg

 イギリスのロックバンド、モノクローム・セットの1985年のアルバムです。発売当時にレンタルレコード屋でLPをレンタルしたブツでありますが、先日北九州の中古盤屋のバーゲン箱に入っているのを発見し、懐かしさのあまりついついゲットしてしまいました。モノクローム・セットなんてなかなか中古に出て来ませんし、このブツは結構好きでしたのでいつかCDで買い直したいな~と思っていましたので。

 まあモノクローム・セットなんて言っても今や誰にも話は通じないかと思いますけど、当時ニューウェーヴやネオアコがお好きだった方なら覚えておられますかね~。とは言えわっちはこのバンドのブツはコレしか聞いたことは無いので偉そうな事は言えないんですけど、あの時代のあの手の音が好きだった人にはなかなか魅力的に響くバンド名であるのは事実であります。何と言いますか、ちょいとクセモノ的な存在感のある、一筋縄では行かないロックバンドという佇まいが、マニアにはたまらないって感じなんですよ。ただ、モノクローム・セットが好きな連中って結構スノッブなヤツがいたりして、「自分はオマエ等みたいなシロートなんかよりもいいモノ知ってる通なんだぜ!」みたいな意識を持ったクズみたいなクソがいますので、実はモノクローム・セットが好きなんてあまり言いたくはないんですよね~。

 というどうでもいい話はさて置きモノクローム・セットの魅力なんですけど、その独特の風変わりなポップセンスにあると思うんですよね~。曲自体はとってもポップで親しみ易いメロディなんですけど、そこに「あれっ?」と思うようなアジア風味とか中近東風味とかマカロニ・ウェスタン風味なんかを入れて来たりして、凡百のロックバンドにはないエキゾな異国情緒を持っているのがステキなんですよ。その辺は確かインド系英国人で、中心人物のビドのセンスに拠るところが大きいんだと思いますが、このブツに収録されているどの曲もちょっと風変わりなポップセンスが大爆発しておりまして、わっちは大好きなんですよね~。ちょいとXTCなんかにも似た感じがします。こういう面白い音楽を、スノッブなしょーもないクズども連中だけのモノにしておくのが本当に勿体無いと思うのでやんすよ。もっと多くの人に聞かれて然るべきバンドだと思いますけどね~。

 このブツ、聞いたのは高校生の頃以来かと思いますけど、やっぱりイイものは今聞いてもイイですね~。何だか最近は高校の頃によく聞いていた音楽を、ナツメロの如くよく聞いてしまっているんですけど、改めてわっちはニューウェーヴとかネオアコが好きなんだな~って実感しております。その中でもこのモノクローム・セットは、得難い個性を持ったニューウェーヴ系ポップ・グループとしては、最高峰に位置しているバンドなんじゃないかと、わっちは勝手に思っておりますけど、如何でしょうか?
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL