2016’01.20・Wed

GARNET CROW 「LOCKS」

pgarnetcrow001.jpg

 何だかわかりませんけど酔った勢いで買ってしまいました、J-POPグループでありますガーネット・クロウの2008年のアルバムです。一昔前まではちょくちょく見かけていたような気がする連中ですけど、まだ活躍しているんでしょうか?しかしこれまで一度としてマトモに聞いたことが無い連中ですので、ちゃんと聞いてみたいとは思っていたんですけど、こうやって聞いてみますと…何と言いますか、何ですね。

 まあCMとかでちょろっとフレーズを耳にした限りでは、何だか生真面目と言いますか、ユーモア感覚とか楽しさとかを一切感じさせない歌声じゃな~と思っていたんですけど、CDでちゃんと聞いてみますと、その思いを一層強くせざるを得ないって感じですね~。妙に力が入った硬い歌声でありまして、優しさとか柔らかさとかが全く感じられず、ずーっと一本調子で歌っているように聞こえるんですよ。これじゃあ聞いている方も楽しくなれないですけど、歌っている本人も楽しくないんじゃないですかね~。ヤッテいる方が楽しんでいるように聞こえませんので、それが聞き手にも伝わって来ると言いますか。フロントの女子二人がルックス的になかなかイケてそうなので興味を持った連中なんですけど、いくらルックスから入るわっちとは言っても、歌がコレではちょっと厳しいかな~。

 そしてこの連中、歌がイケてないだけではなくて、曲が全然ポップじゃないですし演奏も何だか重苦しい雰囲気ですし、音楽としての楽しさとか美しさとかが感じられないんですよね~。まあこの硬くて生真面目な感じの歌声と重苦しい演奏がイイという人もいらっしゃるんでしょうけど、わっちはちょっと…。これでは全然楽しめません。アルバム1枚聞き通すのがめっさしんどくて、途中で行き倒れになってしまいそうな感じでやんす。久し振りにヘコみそうな位にキツイ音楽に出会ってしまったって気がします。とりあえずはスキャンダルを聞いて耳の洗濯をしようと思います。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL