2016’01.26・Tue

インド映画「きっと、うまくいく」

pきっとうまくいく

 今年の正月休みですが、わっちにしては珍しく映画を見ました。とは言ってもテレビで放送していたモノを録画して見ただけなんですけど、テレビにせよ映画館にせよ、わっちは映画を見ることが殆ど無いのでやんすよ。ですのでわっちは映画に関しては超ド素人でありまして、映画についてどーのこーの言えるワケではないんですけど、今回見ましたこの「きっと、うまくいく」は素晴らしい映画だと思います。もうめっさ感動してしまいまして、思わず泣けて来てしまったのでありました。映画通が見たらどう思うのかは知りませんけど、わっちにとっては本当に大切な1本になったと思っております。な~んて思いながらちょいとネットで検索してみますと、この映画って世界的に結構評価が高いみたいですね。もしかして「何を今更」的な映画だったりして?

 話としてはインドの工科大学を舞台にした、学生3人を中心とする笑いあり涙ありのヒューマン・コメディと言って良いかと思います。まあここでストーリーをグダグダと書き連ねるつもりはありませんので、興味がある方は是非見ていただけたらと思いますが、わっちがこの映画でめっさ共感したのは、主人公達の生き方ですね~。人を大切にしながら、とにかく今自分が出来ることを精一杯ヤッテ明るく前向きに生きるという、当たり前っちゃあ当たり前のことが描かれているんですけど、コレってめっさ難しいことですよね?今やるべきことを前にしても、過去や未来の事に捉われて不安に思ったり心配したりして、なかなか今に集中出来ずに明るくも前向きにもなれないのが人間ってモノだと思います。だからパワースポットだのパワーストーンだの、意味不明の神頼みみたいなのがめっさ流行ったりするワケでありまして。

 わっちはパワースポットだのパワーストーンだのは大嫌いでして、そんなモノには近付きたくもないんですけど、過去や未来に捉われて不安を感じたり心配したりするのはいつものことであります。今回この映画を見て、そんな自分の普段の生き方を反省させられたのでありますが、今後はあまり不平不満を口にせず、もっと明るく前向きに生きて行きたいな~と思ったりして…って、出来るかどうかわかりませんけど、それを意識するだけでも全然違って来るような気がしています。

 なんて言っている先からこれまでに体験したことが無い殺人的な仕事が次々に発生していて、不安と不平不満に満たされたゲロ吐きそうな日々を過ごしているわっちなのでやんす。やっぱり現実は映画みたいには行きまへんわ。なんて思っていたら、更に追い討ちをかけるかの如くマンションの「自治会役員就任の対象になっています」なんて通知が来たりして、もうマジでくたばってしまいそうな気がする今日この頃。この危機的状況を乗り越えられるのであろうか?って言うか、生きていられるのか?何のことわりも無く一週間位ボログの更新が途絶えたら、本当にくたばったと思って下さいね~♪
スポンサーサイト

Categorieインド  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
先日、ゲオでアジア映画コーナーを眺めていたら、どこかで聞いたことのあるタイトルが目に入りました。
あっ、これ、ころんさんが絶賛してた映画だ!
ということで、借りてきました。

インド映画なんて初めて見ましたが、これは確かに面白いですね。
テンポ良く作られていて、ハリウッド映画を、よく研究しているのが分かります。

主人公ランチョーが、次々と既存のルールを打ち破り、周りの人間たちを感化していくというストーリーも、実に爽快でした。

行方不明だったランチョーをついに見つけた!と思いきや全くの別人で・・・、とさらに一捻りあるラストも上手い!

これは、確かに素晴らしい映画だと思います。
いい映画を教えていただきまして、ありがとうございます。


masahiro:2016/02/25(木) 19:02 | URL | [編集]

>masahiroさん
こんばんは!
ワタクシごときが取り上げた映画をわざわざご覧いただきまして、ありがとうございます。嬉しいです!
ワタクシは映画ド素人ですので、ハリウッド映画を研究しているとかは全然わからないのですが、長いのに長さを全然感じさせないですし、話も良く出来ていますし、とにかく素晴らしい映画だと思ったんですよね~。
この映画がmasahiroさんの心にも響く作品だったようで、このボログで取り上げた甲斐があったというモノでございます~♪

ころん:2016/02/25(木) 21:54 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL