2016’02.06・Sat

フェイのフェイバリット!~ひめキュンフルーツ缶 「情熱、エモーション。」

phimekyunfuitcan001.jpg

 私老化防ぎ隊のフェイデス。今回の「フェイのフェイバリット!」は愛媛県で結成されたローカルアイドルグループ、ひめキュンフルーツ缶の2013年のアルバムを取り上げるデス。最近日本はローカル女子アイドルグループがたくさん出て来てマスネ。日本全国女子アイドルグループだらけみたいになってマス。ワタシは色々な県のアイドルグループ聞きましたけど、愛媛県のアイドルグループは初めてデス。本当に日本には色々なローカルアイドルがいマスネ。

 日本のアイドルグループはハードロックみたいな音楽が多いと思いマス。以前のAKBもハードロックみたいな曲が多かったデスネ。最近のAKBは昔のポップスみたいな曲が増えて来て、ワタシは面白いと思いマス。でも他の女子アイドルグループはハードロックがまだまだ多いデスネ。ひめキュンもハードロックが多いデス。でも他のアイドルグループとは違った個性がありマス。マリコサン(←「ころんのことです」byころん)は「アイドルグループの個性は基本的に制作陣に左右されるのでやんす」って言ってマシタネ。確かにそうだと思いマス。個性が決まれば、あとはアイドルグループが一生懸命パフォーマンスするだけデス。ひめキュンはとても一生懸命デスカラ、そして歌にとっても「萌え~」がありマスカラ、ワタシはとても好きデス!

「とても一生懸命で萌え~デスネ~。」byフェイ
pfey007.jpg

 ひめキュンは歌は全然上手くないデス。リズムも音程もイマイチデス。でも制作陣からもらった個性を一生懸命パフォーマンスしてマスネ。ひめキュンの個性は、ハードロックの中に昔の日本の歌謡曲みたいな音楽が入っていることデス。マリコサンは「日本にはハードロックな歌謡曲は昔からありますよ」って言ってマシタ。ハードロックと歌謡曲は仲良く出来るデスネ。このアルバムの前半はハードロックデス。だから普通のアイドルグループと思いマシタ。でも後半からどんどん個性が出て来マス。曲がスキャンダルの「スキャンダルなんかブッ飛ばせ」みたいになって来マス。歌謡曲みたいなハードロックデス。スキャンダルの曲はイケてないと思いマシタけど、ひめキュンは萌え~でイケてマスネ!他のグループとは違ったひめキュンの個性が光ってイマス。

 それから、ひめキュンの音楽はバックの音が凄くイイデスネ。アイドル音楽はバックの演奏があまり重要じゃないことが多いと思いマス。アイドルの歌が一番大事はわかりマスけど、ひめキュンの音楽はハードロックな音がロックバンドみたいでとてもイイデス。バックの演奏もメンバーと一緒に頑張ってマス。だからみんなで一生懸命音楽を作ってる感じがするデス。だからワタシはひめキュンの音楽を聞くと萌え~ってなって、そして元気になりマス。カワイイデスしカッコイイデスし、アイドル音楽として素晴らしいと思いマス。

 以上、フェイのフェイバリットデシタ!これからもフェイのフェイバリットを色々と紹介したいと思いマスので、よろしくお願いしマス!
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL