2016’02.03・Wed

2400回記念

 このボログも今回で2400回目の更新となりました。何だかんだで結構長続きしておりますが、まだまだやめる気はございませんので、今後もボチボチと更新を続けて行きたいと思っております。記念更新の時はヒワイイ大使とかのメンバーと対談することが多いのですが、今回は私老化防ぎ隊の翼、裸のロリーズのアッキーと対談しようと思います。便宜上翼は「翼」、アッキーは「キ」、ころんは「ろ」と表記します。それでは早速。

ろ「今回は2400回目の更新です。」
翼「一応おめでと~。」
ろ「一応って何ですか。」
キ「姫はそんなことに興味無いんだにゃん。どうでもいいんだにゃん。」
ろ「別にどうでもいいんですけど、翼とアッキーの組み合わせって珍しいですね。普段一緒にいるところなんて見たことが無いし。」
翼「だってアッキーってバカだし。」
キ「何を言うにゃん!翼こそバカなんだにゃん!」
翼「何をっ!アタシの方が年上だぞ、生意気言うな!呼び捨てにするな!」
キ「先輩だろうと何だろうと、バカはバカなんだにゃん。無駄に歳食ってるだけなんだにゃん!」
翼「何だとっ!」
ろ「あ~、要は二人は仲が悪いワケですね。」
翼「こんなニャンニャン言葉のバカと仲良く出来るワケ無いし!」

コイツがにゃんにゃん言葉のバカ
pakkey003.jpg

キ「こんなロクに文章も書けないバカ丸出しのクルクルパーなんかと仲良くしたら、姫にバカが感染するんだにゃん!バカと交わったら自分がダメになるんだにゃん!」
ろ「お~、病原菌扱いですか。なかなか言いますね~。」
翼「コイツが近くにいるとホントにイライラするし!ころんさん、早くコイツをクビにしてよ!」
キ「イヤならオマエがやめたらいいんだにゃん!」
翼「先輩に向かってオマエとは何だ!」
キ「バカは姫の言うことを素直に聞いてたらいいんだにゃん。バカな下女の分際で姫に歯向かうなんて畏れ多いと心得るんだにゃん。」
翼「何が畏れ多いだ!…って、ゲジョって何?」
キ「ほ~ら、やっぱりバカなんだにゃん。」
ろ「う~む、ケンカはアッキーの方が強そうですね。」
キ「当然なんだにゃん。こんな奴隷身分のバカに姫が負けるわけ無いんだにゃん。」
翼「誰が奴隷だ!」

コイツが奴隷?
ptsubasa001_20160131195019844.jpg

ろ「まあまあ、実際にケンカしたら絶対にアッキーの方が強いですよ。高校生の頃は血塗れお菓子姫と呼ばれてた位ですし。」
キ「古いこと言うんじゃないにゃん。」
翼「ん、チマミレオカシヒメって何?」
ろ「いつも仕上げにケンカ相手の顔をカミソリで切り裂いて、返り血を浴びて血塗れになっていたという、伝説の悪鬼ですよ。」
翼「切り裂きジャックか!それってただの犯罪者じゃん。」
キ「犯罪者じゃないにゃん!」
ろ「まあまあ、悪鬼は既に改心したワケですし、今はそんなことしませんよ、多分。」
キ「翼の顔なら切り裂いてもいいんだにゃん。」
翼「うわっ、怖っ!」
ろ「そんなことしたら、こにたんに殺されますよ。こにたんって変人で変質者ですけど、意外に仲間思いのところがありますから。」
キ「やらないにゃん…。」
翼「あ~、そう言えば何年か前にどっかの高校生のチビの小娘がこにたんさんに反抗して半殺しにされたって聞いたことがあるけど、あれってアッキー?」
キ「…恐ろしいこと思い出させるんじゃないにゃん。」
ろ「こにたんは核弾頭娘って言われたバケモノですから。血塗れお菓子姫も片手でひねり潰されたらしいですよ。」
翼「まるでラオウだね。」

「誰がバケモノだ。」byこにたん
phiwaiikoni002_2016013119472095e.jpg

ろ「こにたんの前では、血塗れお菓子姫も風のヒューイですよ。」
翼「マニアックなキャラクターだね~。」
キ「うるさいうるさいうるさいにゃん!姫はカワイイカワイイみんなのアイドルなんだにゃん!みんな姫を大事にしないといけないんだにゃん。」
翼「そっか。アッキーって、こにたんさんにシメられて頭がおかしくなったんだね~。だからニャンニャン言葉のバカになっちゃったんだ~。ちょっと可哀想かも。」
キ「オマエなんかに可哀想なんて言われる筋合いは無いんだにゃん!」
翼「きっと頭を殴られて、脳のどっかがイカレちゃったんだね。お気の毒~。」
キ「きーっ、こんなバカに気の毒なんて言われると、めっちゃ腹立つにゃん!」
翼「こんな気の毒姫のことはほっといて、2400回記念なんだからご飯食べに行こうよ。ころんさんのおごりで。」
ろ「何故わっちのおごり?」
翼「お好み焼きでいいよ。焼きそばとホルモン焼きもつけてね!」
ろ「しょうがないですね~。」
キ「おいオマエ等、姫の存在を無視するんじゃないにゃん。」
ろ「ほら、アッキーも行きますよ。一緒にお好み焼き食べに行きましょう。」
キ「…わかったにゃん。行くにゃん。」
翼「へ~、お姫様のクセにお好み焼きなんて庶民の食べ物を食べるんだ。」
キ「2400回記念だから仕方ないにゃん。本当はオマエなんかが好きなモノを姫が食べるわけないんだにゃん。でも寛大で優しい姫は、本当に仕方なく行ってやるんだにゃん。」
ろ「素直に好きって言わないと、お好み焼き好きのこにたんに言いつけますよ。」
翼「こにたんさんにシメられるよ、お好み焼きがキライなんて言ったら。」
キ「姫もお好み焼き好きなんだにゃん~♪」
ろ「どんだけこにたんが怖いんですか?」

 以上、激しくどうでもいい2400回記念の対談でございました。バカ2人を呼んでしまった為に、一体何が2400回記念なのかワケわからない対談になってしまいました。2500回目の更新の時は、もう少しマシなメンバーを呼びたいと思います。失礼致しました~♪
スポンサーサイト

Categorieその他  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
2400回目更新おめでとうございます。
まだまだ道半ばですが、今後とも楽しませてくださいませv-238

sweet inomoto:2016/02/06(土) 22:00 | URL | [編集]

>sweet inomotoさん
こんばんは。
ありがとうございます!次はとりあえず2500回目を目指して更新を続けて行きたいと思っておりますので、お付き合い下さいませ~♪

ころん:2016/02/06(土) 22:35 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL