2016’03.22・Tue

SCANDAL 「YELLOW」

pscandal037.jpg

 天草の旅から無事に戻って来た、ころんでございます。嫁さんもわっちも実は体調がイマイチ状態でしたので結構しんどかったんですけど、やっぱり天草はめっさイイ所ですし、行って良かったと思っております~♪

 というワケで、3月1日に我が最愛のロックバンド、スキャンダルのこの新作をゲットして以来、毎日毎日スキャンダル漬けなんですけど、イイですね~やっぱり。スキャンダルは最高です!前作「HELLO WORLD」はアイドル系ガールズ・ロックバンドから本物のロックバンドへと大躍進してみせた大傑作でしたが、今回の「イエロー」はそこから更にバンドとしての幅を広げてみせた意欲作になっていると思います。メンバー自身の話によると「ファンキーな作品」「ポップな作品」とのことですが、「これまでのファンにはちょっと受け入れにくいかも?」なんてことも言っているようです。確かに昔からのファンが喜びそうな、例えば「お願いナビゲーション」とか「FLASHBACK NO.5」みたいなマイナー調で疾走するタイプの切迫感のある曲は入っていませんので、戸惑う人もいらっしゃるかもしれませんね。

コチラが大傑作の「HELLO WORLD」
pscandal008_20160322220343903.jpg

 しかし、であります。今回のアルバムは「HELLO WORLD」発表に伴うツアーで、国内だけでなく海外公演も大成功させて充実の時を過ごして来たメンバー達の「幸せ感」が全体から溢れ出ている作品だと感じられまして、わっちみたいなスキャンダル病の人間は、聞くだけでマジ幸せな気分になってしまうのでやんす!そんなメンバー達の「幸せ感」を表す色が「イエロー」だったんじゃないかな~って、わっちは勝手に思っております。まあその「幸せ感」は当然楽曲にも色濃く反映されておりまして、どの曲も明るいポップな感覚に彩られているように感じられます。特に、これまで聞かれなかった華やかなコーラスワークが印象的な「LOVE ME DO」や、仰天のレゲエナンバー「LOVE」の耳に沁み入る美しさは、「幸せ感」を象徴すると共にスキャンダルのバンドとしての幅が広がったことを如実に示している思います。あ、一応付け加えておきますが、これまでの疾走するスキャンダルのイメージを裏切らない「SUKI-SUKI」なんて王道な曲も入っていますので、古くからのファンの方もスキャンダルを見捨てたりしないで下さいね♪

 そして今回のアルバムで特徴的なのが、これまでみたいなハルナ様とトモちんのツイン・ヴォーカルの曲とか、各メンバーがリード・ヴォーカルを取る曲が無くなって(1曲だけトモちんのソロがありますが)、ハルナ様が一人でリードを取っていることであります。これはわっちの推測ですけど、おそらくメンバー間でバンドとしての在り方を見直して、今回はハルナ様を全面的にフロントに出して、他のメンバーは全力でハルナ様をバックアップする体制にしようとしたのではないかと思います。他のメンバーにそう思わせるだけハルナ様の歌が成長したという事だと思うんですけど、如何でしょうかね~。ハルナ様の歌声って基本的には切迫感のある曲に向いていると思いますが、このアルバムではこれまでとは違って、寛いだ優しい表情の歌がとても印象的であります。これを成長と言わずして何と言う?

 楽曲的にも優しい表情のポップなモノが多いのも事実なんですが、よく聞くと演奏自体は結構ハードなのに表情としては優しいというのが、ハルナ様の歌だけでなくバンドとしての表現力の成長も感じさせます。リナりんが「カッコいいグランジみたいな曲を作りたかった」と言う「ヘブンな気分」という曲は、このアルバムでは異色の重くて緊張感のある演奏のハードロックなんですけど、アルバム全体としてのポップな感覚や「幸せ感」を崩すようなものではありません。アクセントにはなっているけど違和感は全く無い、という感じですかね~。この辺のバランス感覚も、スキャンダルならではという気がしますね。何にしても「やっぱりスキャンダルは最高だ!」ということを、日々実感している次第でございます~♪前から言い続けていますけど、今も全力で「好き好き好キャンダル!」なわっちなのでやんす!

 あ、別にどうでもいいんですけど、わっちが今回のアルバムで特に好きな曲は、スキャンダルのドキュメンタリー映画を見た時に思わず涙が溢れて来た「ちいさなほのお」、そしてこのアルバムの「幸せ感」を象徴している「LOVE ME DO」ですかね~。「ちいさなほのお」はしっとり美しいメロディと歌詞をハルナ様が切々と歌い上げる、個人的にはバンド史上最高の名曲かと思っているんですけど、特にマミたんのギターがもう最っ高にイイ音で鳴っているんですよ!胸締め付けられるような切ない音色を奏でていまして、ハルナ様以上に切々と歌っていると言いますか、とにかく「好きです愛してます、わっちのマミたん!」ってな感じで、好き好きマミたん病がさらに重症化して行くわっちなのでやんす~♪「LOVE ME DO」の華やかなコーラスワークも素晴らしく、マジ聞いているだけで幸せになってしまいますね~。ハルナ様がワンフレーズだけバックコーラスと一緒に「うらら~うらら~うらら~うらら~♪」と歌う部分があるんですけど(3分18秒あたり)、あまりにステキ過ぎて聞く度に昇天してしまいそうになるわっちなのでありました!

 まあどの曲もキラキラと輝くような美しさを持っているんですけど、バンドとしての充実度合いがこれまでで最高潮に達していますから、現在のスキャンダルにハズレなんて全くありません。ウソだと思うなら、先入観とか偏見とか無しにこの素晴らしいアルバムを聞いてみて下さいね!4月のライヴも楽しみだな~♪
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ひさしぶりに「ハローワールド」を聴いたら、どんだけゴリゴリなんだよ!ってくらいのロックでびっくりしちゃいましたが、「Yellow」はリラックスしつつも弛緩したところのない素晴らしい作品に仕上がりましたよね。
説明しなきゃわからないような音楽でもないのに、これをちゃんと評価できないなんて、やっぱり偏見や先入観って拭い難いものなんだなと思う今日この頃です。

Astral:2016/03/22(火) 22:59 | URL | [編集]

>Astralさん
こんばんは。
比べれば確かに「ハロワールド」はゴリゴリのロックですよね~。「イエロー」は寛ぎながらもダレたりするところが一切無い、本当に素晴らしい作品だと思います。どちらが良いということではなくて、どちらにしてもスキャンダルは最高だということですね~。
スキャンダルってツウの方々(?)には「所詮アイドル系の大したこと無いロックバンドだろう?」程度にしか思われていないみたいですが、そういう人にはいつまで経ってもわからないんでしょうね。まあそれはそれでイイんだと思います。そんなことには関係無く、我々はスキャンダルを楽しんで行きましょう!

ころん:2016/03/23(水) 22:16 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL