2016’04.11・Mon

たんこぶちん 「VOL.3」

ptancobuchin001.jpg

 佐賀県唐津市出身のガールズ・ロックバンドたんこぶちんの、昨年発売の3枚目のアルバムだと思います。タイトルが「VOL.3」ですので。以前からこの変な名前のバンドのことは知っていますが、聞いたことはありませんでした。先日ブックオフにこの盤が1250円で出ていましたので、めっさ高いんですけど、唐津出身のバンドということもあってついついゲットしてしまいました。九州在住の者としましては、九州出身の女子ロックバンドなら応援したいですしね~…って、なら新品で買えって話ですが。そうそう、久留米出身でスキャンダルのコピーバンド大会で優勝したカニカピラのブツも、是非ゲットしたいですね~。もちろんブックオフで!

 たんこぶちんというバンドですが、名前は単なる思いつきらしくて特に意味は無いんだそうです。メンバーは5人で、歌とギターのマドカ、ギターのユリ、ベースのノドカ、ドラムのホノカ、キーボードのチハルという構成で、ベースとドラムは双子の姉妹だそうな。マドカが1996年生まれで他が95年生まれらしく、多分同級生バンドってことなんだと思いますけど、スキャンダルよりも更に下の世代ですね~。ルックス的にはあまりパッとしない連中ですが、唐津なんてド田舎出身の田舎者ですから仕方ないでしょう。既に上京しているようですから、その内垢抜けて来るのではないかと思います。ジャケ写のマドカはキレイになる要素が多々あると思いますけどね~。

 まあルックスはさて置きこの連中の音楽ですが、勢い溢れるちょいとハードな音が売りのポップロックって感じですかね~。最近は女子アイドルグループと同様にガールズ・ロックバンドが花盛り状態になって来ていますが、音的には実にトレンドな仕上がりになっていると思いますね。何だか昔聞いた記憶があるZONEだのホワイトベリーだのを思わせるところがあるような気がします。まあその辺りの音楽とかスキャンダルなんかのハードなロックが、この世代のバンドのスタンダードなんでしょうね。音楽的な深みがあるワケではありませんが、10代の女の子らしい可愛くて微笑ましいところがよろしいかと思います。何と言いますか、この連中の音楽を聞いていますと、部活で一生懸命な女の子達を見ている気分になりますね。

 ところでマドカの歌声ってあまりロックバンドのヴォーカルっぽくなくて、アイドル歌手が同世代の女子のバンドをバックにして歌っているような印象があるんですけど、コレがバンドとしての一体感を削いでしまっているような気がしますね~。物凄く不安定で下手っぴーな歌なんですけど、コレが異様に目立ってしまっていて、ロックバンドって感じじゃなくなっているんですよ。まあ別に上手くなる必要は無いかと思いますけど、もうちょっとバンド的なまとまりを考えて歌の修行をした方がイイんじゃないですかね~。あと、別にどうでもいいんですけど、たんこぶちんの姉妹バンドで、がんばれVICTORYというバンドがありますので、ソチラもその内聞いてみたいと思っております。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL