2016’04.09・Sat

FLiP 「XX EMOTION」

pflip003.jpg

 日本のガールズ・ロックバンド、フリップの2012年発売のメジャー2枚目のアルバムです。前に取り上げました1枚目は、噴出する凄まじいエネルギーが印象的なハードロックでありました。アレはアレでめっさカッコ良くてわっちは大好きなんですけど、我が最愛のロックバンド、スキャンダルと比べると(別に比べなくてもイイんですけど)、あまりに真っ当にカッコいいと言いますか、男も女も関係無くとにかくカッコいいハードロックをヤッテいるというのは素晴らしいことなんですけど、もうちょっと女性らしい華やかさとか柔らかさとかがあってもイイんじゃね?なんて感じるのも事実であります。メンバー自身も自分達のことを「おっさんみたい」とか「女らしいところが無い」とか言っているようですし、どうやっても一般的な人気を得るようなバンドではないって感じであります。その分本格的なゴリゴリのロックファンは、このバンドに反応するみたいなんですけどね。

 この連中は元々「とにかくカッコいいロックをヤリたい」ということで結成されたバンドですので、その目的は十分達成されていると思います。ギター2、ベース、ドラムだけで演奏される音は、シンプルながらも図太くてノリノリのドライヴ感があってめっちゃくちゃにカッコいいですし、1枚目では情熱大噴火状態だったヴォーカルもちょっと落ち着きが出て来て、全体的なバランスが格段に良くなったように感じられます。1枚目で既にカッコいいロックをヤルという目的は達成されていた連中ですが、この2枚目は落ち着きが出て来た分更にスケールの大きさが増したって感じですかね~。更にカッコ良くなった、ということが言えるかと思います。

 ただ、やっぱりと言いますか、この「カッコ良さ」も世間一般的に受け入られるようなモノではなくて、マニアックなロックファンにしか通じないという雰囲気なのが残念なんですよね~。こんなにカッコいいのに…。何と言いますか、90年代にメリケンでグランジロックって流行りましたけど、あの頃は女性グランジバンドでカッコいい連中っていましたよね?例えばわっちがパッと思いつくのはL7とかなんですが、カッコいいんだけど色気も何も無くて、近付くとおっさん臭がしそうな女性バンドって言いますか、フリップってそんな感じのバンドって気がするんですよね~。コレじゃあ本格的なゴリゴリのロックファンにしかウケませんわな…。

 まあ別に色気が無かろうと女性らしい華やかさとか可愛らしさとかが無くても、コレだけカッコいい音楽をヤッテいればわっちは十分だと思いますし、基本的に大好きなバンドであります。ビシッとノリノリハードに統一された曲目はどれも粒揃いでカッコいいですし、もっと評価されて然るべきだと思いますが、こんな素晴らしいバンドが今年の3月で活動休止してしまったんですよね~。最新ミニアルバム「BIRTH」では、ハードなカッコ良さだけではない新しい地平を切り拓こうとしているのがハッキリと見えていただけに、その発展形をもう聞くことが出来ないとなると、残念でなりません。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ちょっと聴いただけで言うのもなんですが。
かっこいいロックをやりたくて、事実それがちゃんと達成されている。となるとアンダーグラウンドなところでそれを続けていければ良し。であればめでたしめでたしなんですが、セールス面とかも考えればそうも言ってらんないのがポップ・ミュージックなわけで。煮詰まっちゃったんでしょうね。一部のロック・ファンにしか通じないところから飛び出すような打開策を見つけて活動再開してほしいですね。

Astral:2016/04/09(土) 23:05 | URL | [編集]

>Astralさん
こんばんは。
このFLiPは、カッコいいロックという点で言えば、実は次の3枚目でバンドとしての頂点を極めるんですけど、ほぼ全ての作詞作曲を手掛けるサチコは、もしかしたらそこでやり切った感があったのかもしれません。3枚目の次のミニアルバムで新しい試みをヤッテみたものの、そのままカッコいいロックを続けたかった他のメンバーとの方向性の違いが出て来て活動休止になったのかな~なんて、ワタクシは妄想しております。
もっと一般的な人気が出ていれば、結果は違っていたのかもしれませんけどね~。カッコいいだけでは続けて行けない、実に厳しい世界ですね。本当に素晴らしいバンドなのに…。

ころん:2016/04/10(日) 21:30 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL