2016’04.29・Fri

激しくどうでもいい話~インストア・ライヴに行って来ました!

 本日は近所のイオンでゴールデン・ウィークのスペシャル・ライヴがありましたので、ブラリと行って来ました。2人のライヴがあったんですけど、13時からは住岡梨奈、14時半からは瀧川ありさという、どっちも名前しか知らない歌手であります。さてさて、一体どんな歌手なのか知りませんけど、とりあえずは特に期待もせずに見に行ったのでありました。

 まずは1人目の住岡梨奈でありますが、ステージに出て来た時、パッと見30歳を超えた感じの顔だな~って思ったんですけど、調べてみたら1990年生まれの26歳。スキャンダルのマミたんと同い年なんですね、失礼致しました~。ルックス的にはそれ程惹かれるタイプではありませんな~なんて思っていると、ライヴがスタート。サポートのギタリストのおっさんと2人だけのアコースティック・ライヴであります。まずは住岡さんが持つテイラーのオーディトリアム・サイズのアコギと、サポートのおっさんが持つ多分コリングスと思しきアコギがめっさ気になる~、あ、エレクトロ・ヴォイス社のモニタースピーカー使っとんな~…などと、歌に全然関係無い所に興味がイッテしまうのでありますが、住岡さんの声が飛び出して来た途端に「おっ!」と思ってしまいました。

住岡さん
psumiokarina001.jpg

 住岡さんって一体どこから出しとんねんって感じのちょいアニメ声っぽい歌声なんですが、意外に力強くて声量があるんですよね~。アニメっぽい声なのに腹から出しているので、発声がとても安定しているのであります。音楽的にはフォークっぽい感じなんですが、フォークと言っても日本の四畳半フォークではなくてメリケンとかアイリッシュ系のフォークって感じですね。アイリッシュとかスコティッシュのフォーク界にはめっさカワイイ声の女性歌手ってよくいますけど、何だかそんな雰囲気を持った人って感じなんですよ(ちょい褒め過ぎかも)。かなり場数も踏んでいるみたいで、こんなショッピングモールのライヴなのに客を盛り上げるのも上手くて、客のハートをガッチリ掴んでいる感覚がありますね。全部で6曲も演奏しまして、インストアライヴにしてはなかなかの熱演でしたね~。わっちも楽しませてもらいましたよ住岡さん!

 2人目は瀧川ありさでありますが、ルックスはコッチの方がずっと上ですね。二十歳そこそこ位の顔に見えますが、1991年生まれらしいですから住岡さんとは1歳しか違わないんですね~。ちょいアイドルっぽい雰囲気もあります。こちらはマーティンのトリプルオータイプのアコギ(マーティンじゃないけど)を持って1人で登場。住岡さんは完全自力演奏でしたが、瀧川さんはカラオケも使った演奏ですね。そこそこ歌えるアニメソング歌手という雰囲気の今時よくいるタイプでありますが、その中から抜け出すにはまだ何か欠けているって感じですかね~。ライヴ時間は住岡さんとあまり変わらない30分位だったんですけど、こちらは4曲のみ。実は瀧川さんって面白くない話が長いんですよ。自分で言っては自分で笑ってって感じで、わっちとしましては「オマエ早よ歌えや!」って気分になるのですが、ルックスが良い分多々いる男性群の心はシッカリと捉えているようでありました。ライヴ後の握手&サイン会には、老いも若きも含めて男性陣の長~い行列が出来てましたね~。ルックスが良いというのは一つの大きな武器でもあり才能でもありますが、今後はルックスだけではない音楽的な何かを掴んで欲しいと思います。

瀧川さん
ptakigawaarisa001.jpg

 今回の2つのライヴは、比べてみればわっちとしましては住岡さんの方がずっと良かったですね。まあその場でCDを買って本人と握手してサインをもらって、という程好きになったワケではありませんけど、今後気になる歌手としてその名はシッカリとわっちの中に刻まれたのでありました・・・って、ホンマかいな?とりあえずはブックオフでブツを探してみたいと思っております~♪
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL