2016’07.07・Thu

BOONTA MUANGMAI 「JUM WAI NAH」

pboontamuangmai005.jpg

 タイのモーラム歌手ブンター・ムアンマイの2004年のアルバムです。多分コレがデビュー盤なのではないかと思います。レーベルはSUREですが、ココには絶倫姫フォン・タナスントーンや萌え女子アム・ナンティヤーが所属していましたね。ブンターさんはアムちゃんとは姉妹みたいな関係(だとわっちは勝手に思っています)で、2人でガラメーなんてグループを結成してブツをリリースしたり、結構面白い活動をしていましたね~。今のところフォン姫はレーベルを移籍してまだ生き残っているみたいなんですけど、アムちゃんとブンターさんは一体どこへ?

 まあ現状の事は考えたってわからないので置いといて、モーラム3人衆の1人であるブンターさんですが(他はエーンナ・アリサーとドークオーですね)、この人がまたイイ歌手なんですよ。見事に華が無くて淡々としたエーンナ・アリサーと比べたら、ブンターさんは色香漂う肉感的な歌がイイんですよね~。基本的には折り目正しい清楚な歌い方なんですけど、歌声に艶があるんですよ。レーベル・メイトの絶倫フォン姫やキューティーアムちゃんに比べたら地味で目立たない存在でしたけど、歌そのものはピカイチでしたし、こうやってエーンナ・アリサーと比べながら聞いてみると、何とも華やかで色っぽいんですよね~。なかなかの艶歌歌手ぶりを聞かせてくれますよ!まあこのブツではまだちょいと節回しが不安定な部分があったりしますけど、ステキ歌手ということに間違いはありません。

 しかもジャケを見ての通りなかなかの美人さんでありまして、実はジャケが良いのでゲットしたブツなんですけど、聞いてみたら中身も親しみ易くてイイ感じってことで、「大当たり~♪」なんて気分になったことをよく覚えております。このブンターさん、このブツの後SUREから2枚、レーベル移籍してもう1枚のブツを残していますが、そのどれもが実に安定したステキ盤に仕上がっておりまして、リリースされる度に「あ~、ブンターさんってやっぱりエエな~」としみじみ思ったものでありました。

 その後はパッタリと消息が途絶えてしまったブンターさんですが、一体何処で何をやっているのか知りませんけど、惜しい人をなくした・・・って、まだ生きてますよね?レーベル・メイトのアムちゃんも消息不明ですし、マジでタイの音楽業界は一体何をヤッテおるんじゃ?などと歯痒く思う今日この頃なのでやんす。
スポンサーサイト

Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL