2016’07.25・Mon

INXS 「GREATEST HITS」

pinxs001.jpg

 オーストラリアのロックバンド、インエクセスの1994年の16曲入りベスト盤であります。インエクセスなんて覚えておられる方は少ないかもしれませんが、ヴォーカルのマイケル・ハッチェンスが自殺したり何だりで、既に解散してますよね、確か?わっちはオーストラリアのロックバンドなんてインエクセスの他にはメン・アット・ワークとかクラウデッド・ハウス、AC/DCぐらいしか思いつかないんですけど(他にもいっぱいいますが、名前が出て来ない)、まあオーストラリアなんてロック辺境の地ですし、別にどうでもいいんですけどね~。

 オーストラリアのバンドとしては、インエクセスってめっさ人気があったと思いますが、確かシングルが全米NO.1とかなってたはずですし、ヴォーカルのマイケル・ハッチェンスはカッコいいとか何とかでかなりもてはやされたと記憶しております。実はわっちは結構インエクセスが好きでありまして、以前はアルバムを何枚か持っていたんですけど、随分前に売り払ってしまって現在は手元にございません。まあそれ以降はインエクセスを聞きたいとも思わなかったのですが、つい先日(関西行きのちょい前)、レンタル屋でこのブツが108円で投げ売りされていましたので、懐かしさのあまりついついゲットしてしまったのでありました。

 インエクセスのことが好きだったとは言っても、ブツを熱心に聞いたとは言えませんので、シングルの何曲かを除いてはほぼ耳馴染みの無い曲ばかりなんですけど、この盤を聞いてみると、インエクセスって恐るべきワンパターンバンドだな~って気がしますね。ドラムがバシャバシャと鳴りまくって、ギターがちょこちょことリズムを刻む、ファンク・ロック一辺倒バンドという感じです。まあファンクって本来めっさカッコいいモノですし、インエクセスってオーストラリアっぽいイモっぽさが全然無いバンドですから、多少音が派手なところがあるとは言え、相当にカッコいいファンク・ロックをヤッテいると思います。これだけカッコ良ければ恐るべきワンパターンであっても全然問題はありませんし、しかもこのブツの後半の曲はファンク一辺倒とは言えない音楽的な広がりをちょろっと見せたりもして、意外に音楽的背景がシッカリしていたのかな~なんて気がしたりもします。ぶっちゃけ、こんなに良いバンドだとは思っていませんでしたので、新発見って感じであります!

 まあ良いバンドとは言ってもオリジナルのアルバムを揃えようなどとは微塵も思いませんし、聞くならこのベスト盤だけで十分なんですけど(何せワンパターンですから)、わっちの中ではロックバンドとしての評価はウナギ上りであります。音をもっと薄っぺらくしてファルセットで歌えば、まんまプリンスって雰囲気の曲もあったりしますし、マジでかなり良いバンドだと思います。コレは今後も折に触れて聞き続けそうな盤ですね~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

オージー・バンドってロック辺境の地だからこその面白味もあったりしますよね。
堂々たるパクリ屋のローグ・トレーダーズなんかは結構好きだったりします。
インエクセスは名前を知ってる程度かな。
相変わらず80年代のバンドには疎いのです(笑)。

おやぢ:2016/07/26(火) 22:07 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
ローグ・トレーダーズって全く存じませんが、オーストラリアのバンドだから堂々とパクれるってことがあるんでしょうかね~。まあその辺の大らかさが良かったりはしますよね。
インエクセスはかなりカッコいいバンドですので、もしブックオフの安棚で見かけるようなことがあれば、ゲットしてみる価値はあると思いますよ♪

ころん:2016/07/26(火) 23:27 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL