2016’08.29・Mon

酩酊音楽酒場~BURHAN OCAL & ISTANBUL ORIENTAL ENSEMBLE 「GRAND BAZAR」

pburhanocal001.jpg

 みなさんお久し振り~の、ヒワイイ大使ななみーですよ~。本当に久~し振りの「酩酊音楽酒場」ですけど、今回取り上げるのはトルコのパーカッション奏者ブルハン・オチャルがリーダーの、イスタンブール・オリエンタル・アンサンブルの2006年盤ですよ~♪そう言えば、バカころんが大好きなスキャンダルが音楽フェスでトルコに行った時にオチャルさんを訪ねてたけど、もしかしてスキャンダル・ファンにはオチャルさんって既にお馴染みの人?・・・って、んなワケないか。トルコでのスキャンダルの知名度に比べたら、日本でのオチャルさんの知名度なんて悲しいほど低いだろうし、そもそもスキャンダルしか聞かないスキャンダル・ファンなんて山ほどいるだろうし。まあそれは別にどうでもいいんだけど、バカころんがブックオフの500円棚で見つけて来たこのブツ、なかなかイイ感じですわよ~♪

「スキャンダル・ファンの人もブルハン・オチャルさんを聞いてね!」byななみー
phiwaiinana014_201608292213517ce.jpg

 私はオチャルさんの音楽って初めてなんですけど、聞いてみると何だかとっても優雅でステキですよね~。オーケストラっぽい大き目の編成のバンドなんですけど、アラブ方面の楽器を色々と使っているのがイイですね!感覚的にはターラブなんかに通じるところがあるような気がしますけど、それって的ハズレかな?ターラブって複雑な文化の交差点みたいな感覚のある音楽だけど、このグループもトルコらしい文化の交差点的な感じがするのが、ターラブとの共通点だと思う、ななみーなのでやんす。

 まあターラブっぽいとは言っても、オチャルさんの音楽からはターラブみたいな海洋性は感じられないので、その辺は感覚的に大きく違うところかな?トルコも海はあるけど、どっちかと言えば陸路で結ばれた文化の交差点って感じだし、音楽的にもそんな感覚が出てるのかと思いますね。どっちにしても、文化の交差点の音楽ってやっぱり複雑で深い味わいがありますし、聞くほどに面白さがわかって来るような気がするのが魅力だと思います(気がするだけで、実際は何もわかってないんですけど)。ただ、歌が入っていないインスト音楽なので、もしかしたらイマイチ魅力が伝わりにくかったりするのかもしれないけど、ジックリと耳を傾けるのには歌が無い方がイメージが限定されないのでイイのかもしれないですね~。

 以上、複雑でステキな味わいがあるトルコ音楽を取り上げてみた、「酩酊音楽酒場」でした。DJはヒワイイ大使のロリロリ担当ななみーがお送りしました。それじゃあ、またね~♪
スポンサーサイト

Categorieトルコ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL