2016’09.07・Wed

SHARIFA AINI 「KENANGAN MANIS VOL.2」

psharifahaini001.jpg

 マレーシアの大歌手シャリファ・アイニの、1992年のベスト盤であります。シャリファ・アイニって言わずと知れた超大物歌手ですが、確か2014年にお亡くなりですよね。わっちは大してアイニさんのブツを持っていませんし、あまり聞いてもいませんが、それでも惜しい人を亡くした思っております。まだ60代になったばかりでしたしね~。このブツは昔の録音の寄せ集めベスト盤でありますが、1973年から88年までの音源が入っております。

 このブツは前に佐世保のブックオフで280円でゲットしたのですが、あまり獲物が無くて仕方なくコレを買ったのでありました。元々アイニさんにはそんなに興味は無くて、コレも本当に何の興味も無いのにゲットしたんですよね~。ですので暫くほったらかしにしていたんですけど、何故か突然聞く気になりましてウォークマンにブチ込んでみたのでありました。それで聞いてみましたところ、コレが実に良いではありませんか!マレーの伝統歌謡をベースにしているんですけど、意外にロッキンでノリノリな曲も入っていて、実に面白いんですよ。味わい的にサブライム・フリークエンシーズから出ている珍しい音源っぽい雰囲気もあったりして、楽しめる人も多いんじゃないかと思います。

 な~んて自分勝手に書いておいてふと思ったのですが、サブライム・フリークエンシーズの名前を出したのは間違いだったかな~って。サブライムのブツが好きな人って辺境マニアみたいな人が多いと思いますが、そんな人にアイニさんのブツを聞いて欲しくはないんですよね~。何と言いますか、辺境マニアがこのブツを聞いて「ストレンジでグレイトォォォォォ!」なんて言っているのが想像出来て、何か知りませんけど感覚的にイヤなんですよね~・・・って、だったらそんな妄想するなって話ですが、突然思い浮かべてしまったんだから仕方ありません。まあ誰がどんな聞き方をしようと自由ですし、「ストレンジでグレイトォォォォォ!」だろうと何だろうとアイニさんを聞いてもらえるなら別にイイんですけど、何だかな~って感じです。

 まあ誰がどういう聞き方をしようと、アイニさんの歌には何の罪もありませんし、わっち如きが他人の音楽の聞き方にどーのこーの言う資格なんてコレっぽちも無いんですけど、感覚的にイヤだな~とか何とか・・・。音楽の正しい聞き方なんかがあるのかどうか、わっちにはわかりませんけど、音楽をネタとして聞いているだけみたいなのが、どうなのかな~って気がしているだけでやんす。などとゴチャゴチャ言いつつ、「この盤は素晴らしくてグレイトォォォォォ!」な~んて思っている、わっちなのでやんす~♪
スポンサーサイト

Categorieマレーシア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL