2016’09.09・Fri

太田裕美 「GOLDEN☆BEST」

pootahiromi001.jpg

 先日車で大分~宮崎方面を突っ走った時のこと、大量に色々なアルバムをブチ込んだSDカードを再生しながら走っていたんですよ。50枚以上のアルバムをブチ込んでいますので、既に何を入れたのかは自分でもよく覚えておりません。すると、聞き覚えは無いんですけど猛烈に激萌えな歌声が出て来たのであります。いかにも70年代的なマイナー調の歌謡曲なんですけど、これ程までに可憐で切なくてカワイイ歌声の持ち主は一体誰だ?ってことで、ナビの表示を切り換えてみると、太田裕美の「雨だれ」と出て来ました。あ~、そう言えば先日レンタル屋で太田裕美の2枚組ベスト盤を借りたっけ。それにしても太田さんって(どうでもいいんですが、オータサンって書けば、ハワイかどっかの人みたいですよね)、こんな萌え声の歌手でしたっけ?わっちは驚いてしまったのでありました。タイのブアチョンプーとかプロイとか、声だけで一発でヤラレてしまう歌手ってたま~にいますけど、太田さんってそういう歌手だったんですね~。今回初めて気が付きました。

 太田さんと言えば「木綿のハンカチーフ」なんですが、子供の頃に腐るほど(?)耳にした曲なんですけど、ガキの頃は太田さんの声の魅力なんて全くわからなかったんですよね~。今頃になってその魅力に気が付くなんて遅いにも程があるワケなんですが、改めて「木綿のハンカチーフ」を聞いてみますと、もうも悶絶する位にカワイイ萌え声に聞こえるんですよ!都会に出て行った男に結局は捨てられる女の歌なんですが、ちょい舌足らずなこの萌え声で歌われると猛烈に切なくて、歌の内容が真に迫って泣けて来るのであります。う~む、素晴らしい。

 太田さんの歌って、技術がどーのこーの言う前に、この声に意識を根こそぎ持って行かれるって感じですよね~。日本の歌手にこんな萌え声の持ち主がいたなんて、わっちにとっては大発見であります!ぶっちゃけ言いますと、ルックス的には全くタイプではないんですが、この声ですから一瞬で虜になってしまうのは必然でございます。このブツには全38曲収録されていまして(そんなに曲を出していたというイメージは全く無いんですけど)、そのどれもがこの声の魅力に彩られているのであります。特に素晴らしいのは「木綿のハンカチーフ」を含むDISC-1の前半部分ですかね~。やっぱり初期の頃の、初々しさが弾けている歌声が一番素晴らしいと言いますか。時代が進むに連れて余裕の安定感が出て来るんですけど、やっぱり萌え声は初々しい方がよろしいかと思います。

 ところでこのベスト盤を聞くとよくわかるんですけど、太田さんって意外に色んなタイプの曲を歌っているんですよ。如何にも歌謡曲って感じのマイナー調の切ない曲から、フォークロック調だったり仰天のテクノ調だったりと、その音楽性はなかなかに幅広いです。イメージを固定化させないという意思があったのか、音楽に関してはなかなかに意欲的な人だったのかもしれませんね~・・・って、制作陣に振り回されただけなのかもしれませんけど。何にしても、このブツは太田さんの声の魅力と音楽性の幅広さを実感出来る優良盤になっていると思います。わっちは惚れ込んでしまいましたよ!
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

お~、太田さんの2枚組ベストですか。
自分の持っているのは1枚ものですので、曲数が少ないんですよね。
どちらかというとニュー・ミュージック寄りで売り出していた裕美さん。
歌唱力的にはアイドルよりは少し上といった程度でしたが、何といっても一聴して誰と分かるホワンとした歌声が魅力的でした。
遥か昔、熱狂的ファンの知人に付き合って、ニッポン放送(だったかな)で出待ちして握手してもらったのが懐かしいです。

おやぢ:2016/09/10(土) 13:30 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
太田さんって別に歌が上手い人ではないですけど、おっしゃる通り聞けば一発で太田さんとわかりますし、ワタクシはやっぱりこの歌声の魅力には抗えませんね~。
それにしても太田さんと握手なんて、いい思い出ですよね~。ワタクシは芸能人と握手なんて、これまで一度たりとも経験が無いです。

ころん:2016/09/10(土) 22:42 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL