2016’09.11・Sun

シシド・カフカ 「トリドリ」

pshishidokavka005.jpg

 歌手兼ドラマーでありますシシド・カフカの、今年発売のアルバムでございます。前作はこのボログでも取り上げましたが、モノトーンな感覚の強いダークなハードロックでありまして、めっさカッコいいんですけど華やかさには欠ける作品でしたね。愛想が全く無くて、ブッキラボーな歌の表情も殆ど変えませんし。まあわっちはそんなカフカさんが結構好きなんですけど、以前出した他のミュージシャンとコラボしたミニアルバムなんかはカフカさんの鉄面皮なキャラクターが崩れそうな予感がありましたので、新作を楽しみにしていたんですよね~。というワケで待望の新作がコレなのでありますが・・・って、実は新作が出ていたことを全然知らなかったんですけど、聞いてみると実にイケてるんですよ!

 上で申し上げましたように、前作はダークでモノトーンでちょいと重苦しい感覚がある作品だったんですけど、今回は人が変わったように弾けましたね!まあカフカさんの歌い方は相変わらずブッキラボーで愛想は無いんですけど、曲や歌詞がグッとポップになって来た分、ユーモア感覚が出て来たように感じられるんですよね~。何と言いますか、カフカさんが口の端っこをちょっと吊り上げて、イタズラっぽくニヤッと笑っているような表情を垣間見ることが出来るんですよ。特にカフカさんの曲とは思えないウルトラポップな「朝までsugar me」なんて曲は、鉄面皮なカフカさんしか知らない人が聞いたら仰天すると思いますよ!

 ヤッテいる音楽は相変わらずのハードロックではあるのですが、いつも黒装束で身を固めていてあまり体温を感じさせなかったカフカさんが、人間的にジタバタとドラムを叩きながら気持ちを込めて歌っている様子が伝わって来るのがイイんですよね~。まさに「こうなって欲しい!」と思っていた方向に転がってくれたって感じがしますし、わっちはこの方向性は大正解だと思います。まあどういう心境の変化があったのかは知りませんけど、多分前作のミニ・アルバムで斎藤和義だの甲本ヒロトだの他のミュージシャンと共演したのが良かったんじゃないですかね~。自己完結しているよりも外部と繋がった方が良い結果をもたらす場合ってありますけど、例えばスーパーフライの昨年のアルバムなんかはまさにそうでしたよね。カフカさんも外部からの刺激で何かしらの心境の変化があったのではないかと推測致します。

 イヤイヤ、今回のカフカさんは実に良いと思います。カッコいいけど人を寄せ付けないような気難しいオーラを発していた人が、自分からコチラ側に歩み寄って来てくれたワケですから、そりゃあ歓迎するしかないですよね~。以前の鉄面皮な女王様的カフカさんを神聖視している人からすれば、裏切られたって感じになるのかもしれませんけど、わっちみたいなケーハクな人間は、前述の「朝までsugar me」とかランバーダ・フラメンコ・ロックみたいな「Spider trap」、甲本ヒロトと「スリーツーワン びよ~ん♪」なんて歌っているバカ曲なんかを聞くと、コチラ側に来てくれたカフカさんって心底ステキだな~って思うのでやんす。好き好きカフカさん!でもマミたんの方が好き♪

「だからマミのことは早く忘れて下さいって!」byわっちのマミたん
pscandalmami013_2016082622492810d.jpg
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL