2016’09.24・Sat

INDRA LESMANA WITH NEBULA 「NO STANDING」

pindralesmana001.jpg

 ブックオフの500円棚の洋楽コーナーを見ていた時のこと、ジョージ・ジャクソンとかアイシクル・ワークスのブツがあればイイな~とか思いながらGとかIとかのコーナーを見ていると、何だか洋楽では見慣れない名前のブツがありましたのでヒョイと手に取ってみると、な、な、何と、インドラ・レスマナのブツではないですか!インドラ・レスマナと言えばインドネシア音楽界における名キーボード・プレイヤーであり、名プロデューサーですよ。このボログでもレスマナが制作に関わったミアン・ティアラモニタ・タハレアのブツを取り上げた事がありますが、ジャズな要素を取り入れた素晴らしい作品であります。レスマナのことはプランテーションの店長さんにお教えいただいたのですが、その音の素晴らしさに「レスマナが関わっていれば間違いない!」という認識を得るに至ったのでやんす。

 そんなレスマナのリーダー作がコチラなんですけど、発売年を見ると何と1984年。レスマナ18歳の時のアルバムですよ。実際にレコーディングしたのは16歳の時だったらしいですね~。10歳の時にキーボードや作曲を初めて、その6ヵ月後にはプロとして活動を始めたという人ですから、その才能や如何にって感じなんですけど、既にある程度キャリアを積んだ時点でのリーダー作ですから、レスマナに絶対的な信頼を寄せるわっちとしましては、何としても押さえておきたいブツであります~ってことでゲットしたワケでございますよ!多分こんなブツって、どこを探しても見つかりゃしないと思いますし。

 で、聞く前からある程度予想していたんですけど、何を予想してたかって、音楽的にはちょいポップなジャズなんだろうな~って思ってたんですが、聞いてみるとやっぱりそんな感じの音楽ですね。ジャズと言うよりはフュージョンと言った方が良いのかもしれませんけど、わっちにはジャズとフュージョンの違いがよくわかりませんので、別にジャンル名はどっちでもイイです。そんなことよりも、レスマナが作曲した全曲どれもが実に活き活きとスウィングしておりまして、聞いていて単純に楽しいですね~。言ってみればショッピング・モールとかオッサレーなカフェなんかで流れていそうな、都会的センスに彩られた軽快で爽やかな音楽なんですけど、わっちは小難しいジャズなんかよりも、ジャズ・ファンがバカにしそうなこの手の音の方が好きです。

 この盤の音楽的なリーダーはレスマナなんですけど、意外にも自分のプレイを前面に押し出そうなんてところは無くて、一歩引いた立場で他のプレイヤーを生かそうとしているように感じられますね。勿論リーダーですからシッカリとカッコいいソロを取ったりするワケではありますが、音全体をスティーヴ・ハンターのフレットレス・ベースで引っ張らせて、ケン・ジェームズのサックスやヴィンス・ジェノヴァの生ピアノが気持ち良く演奏出来るお膳立てをしているって感じです。何と言いますか、音からもプロデューサー的な資質を垣間見ることが出来る、なかなかに興味深い盤に仕上がっていると思いますよ!
スポンサーサイト

Categorieインドネシア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL