2016’10.26・Wed

RAIATEA HELM 「SEA OF LOVE」

praiatea004.jpg

 ハワイにてゲットして来ました、ハワイアンの歌姫ライアテアちゃんの2011年のアルバムでございます。ハワイではコレと一緒に2016年の最新盤もゲットしましたので、手元にあるライアテアちゃんのブツは全部で5枚になりますね~♪これであとはケオラ・ビーマーとの共演盤をゲットすれば、現時点でのライアテアちゃん盤コンプリートになりますが、そんなブツなんてこれまで全く見かけたことがありません。まあいつかどこかで手に入るでしょうってことで、気長に探すとしますかね~。

 で、今回取り上げます2011年盤でありますが、相変わらず「ハワイアン」と言えば誰もが思い浮かべるような和み系音楽をヤッテますね~。明るく爽やかで、誰にでも好かれるハワイアンとでも言えばイイでしょうか。その意味では正統派のハワイアンと言って差し支えないかと思います。とは言ってもロックだのポップスだのジャズだのの影響はバリバリに受けていますので、自然なミクスチャー感覚を持ったハワイアン・ポップスって呼ぶのが相応しいかもしれません。ハワイアン特有の味わいはシッカリとありますし、現在のバリバリに観光地化されたワイキキの街やビーチに似合う音楽でもあり、今時のハワイをちゃんと表現している音楽だと感じられますね。人種の坩堝と化しているハワイにおいて、どんな人種でも優しく迎え入れてくれる音楽だな~などと思いながら聞いております~♪

 なんてことを言うと、ハワイの伝統的な味わいが失われているのでは?などと思われる方もいらっしゃるでしょうけど、ソル・ホオピイの時代からハワイアンって意外にミクスチャー感覚の強い音楽ですし、人種の坩堝的な音楽の方が伝統的って言えるんじゃね?な~んてわっちは思ったりしております。その意味でもやっぱりこの盤の音楽は、正統派のハワイアンなのではないかと思っている次第なのであります。そして、何と言ってもライアテアちゃんの歌声ですよ!コレがやっぱり素晴らしい癒し系の歌声でありまして、前に取り上げました「SWEET & LOVELY」の頃と変わることが無い清楚で美しい響きを保っているのがイイですよね~♪ハワイ伝統のファルセットを使った歌い方も実に美しいですし、天使の歌声はそのままに歌の力は更に増したって感じでしょうか?まあ物凄く上手いというタイプではありませんけど、ルックス通りの人を和ませる愛嬌があるのがステキかと思います。曲もポップで楽しいモノが揃っていますよ!

 う~む、やっぱりイイですね、ライアテアちゃんは。ぶっちゃけ現在のハワイ音楽には殆ど興味が無いわっちなのでありますが、ライアテアちゃんだけは例外であります・・・って、それは美人だからなんですが。しかし、「まずはルックスから入る」わっちのようなケーハクな人間だけでなく、ハワイ音楽に興味がおありの方の耳をもとらえる魅力を持っていると思いますし、それだけの実力をルックスと共に兼ね備えていると思います。ハワイアンで和みたいならまずはライアテアちゃん、そう言えるだけの魅力を持った盤に仕上がっていると思っております~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL