2016’10.29・Sat

EAGLES 「HOTEL CALIFORNIA」

peales001.jpg

 何度かこのボログでも書いたことがありますけど、イーグルスって好きじゃないんですよ。だって何か知りませんけど、雰囲気的に暗くて陰々滅々としてますし。かなり前の話になりますが、どっかのテレビ番組で日本人を対象に「ビーチで聞きたい曲」のアンケートを取って、第1位だったのが「ホテル・カリフォルニア」というのを見て、「え~、なんじゃそりゃ!」なんて思ったことがありました。あんな暗い曲をビーチで聞いたら、折角の行楽気分も台無しになってしまいますよね~。などというどうでもいい話はさて置き、実はわっちはアルバムの「ホテル・カリフォルニア」って聞いたことが無かったんですよ。でもこの度ブックオフの280円棚で新品同様のこの1976年盤を発見しましたので、とりあえず聞いてみようってことでゲットした次第なのであります。

 このブツ、冒頭が暗い「ホテル・カリフォルニア」で始まるのですが、マトモなオーディオ・システムで再生してみますと、暗いのは間違い無いんですけど、結構カッコいい曲に聞こえまして、「ありゃ、こんなにイイ曲だったか?」って感じでありました。勿論ビーチで聞きたい音楽なんかではありませんけど、ドン・ヘンリーらしい骨っぽいカッコ良さがあるな~なんて感じたりして。タイトなドラムに意外に鋭い切れ味のあるギターもカッコいいですし、なるほどなるほど、これは確かにイーグルスの代表曲って感じですわ。暗いちゃあ暗い音楽ですけど、イメージ的には暗いと言うよりは「メランコリック」と言った方が良いかもしれないな~なんて思ったりして。

 他の曲は大半が初めて聞く曲だったんですけど、どれも悶々としたモヤモヤ感は漂っているものの、苦悩する男の哀愁みたいなのが感じられて、実に良い曲が揃っていますね~。そんな中でグレン・フライがリードを取る如何にも「ウェストコースト」みたいな2曲目が実に良くて、やっぱりわっちはドン・ヘンリーよりもグレン・フライが好きかな~とか思ったり。あと、ジョー・ウォルシュとランディ・マイズナーのイマイチ個性に欠ける歌も、良いアクセントになっていると思います。へ~、なかなかイイじゃないですかイーグルス・・・などと、冒頭で「好きじゃない」なんて書いておきながらコロっと掌を返す一貫性の無さ、わっちって何てエエ加減なんでしょう!イヤイヤ、良いモノは良いと素直に認めることが出来る耳と柔軟な感性を持っているのが、ころんという人間なのであります~♪(←すいません、アホです)

 初めて聞いたこのブツ、ロックの名盤に数えられるのが良くわかる仕上がりでございますね。歌良し曲良し演奏良しの三拍子揃った作品だと思います。それに70年代のブツらしく音も非常に良いですし(何故70年代ロックは音が良いのかな?)、こういう音に慣れていたら薄っぺらくてゴテゴテと飾られた80年代の音には馴染めないのは仕方ないのかな~って気もしますね。何にしても、これまで毛嫌いしていてごめんなさいって感じのステキ盤だと思います。反省を込めて言わせていただきますが、「イーグルスはとっても良いバンドです!」って。え、そんなの誰でも知ってるですって?失礼致しました~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

お~、ころんさんのところで「ホテル・カリフォルニア」の記事を見る日が来るとは(笑)。
個人的には、イーグルスは初期が好きなのですが(汗)、「ホテル~」がエポックメイキングなアルバムであったことは間違いないと思います。
おっしゃるとおり、70年代のロックって音がいいし暖かみがありますよね。
長い時間聴いていても疲れないのはそのせいでしょう。
80年代も嫌いというわけではないのですが、どうしても安っぽく聴こえてしまうのは、多くのロック・ファンが感じているところじゃないでしょうか。

おやぢ:2016/10/30(日) 13:13 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
ついにゲットしてしまいましたよ「ホテル・カリフォウルニア」。全く期待していなかったのですが、聞いたらすっかりとハマってしまいました。ロックの名盤と言われるだけのことはありますね~。機会があれば初期イーグルスも聞いてみたいと思っております。
それにしても70年代ロックって、本当にイイ音がしますよね~。スティーリー・ダンなんかも素晴らしく良い音ですし。こういう音を聞いていると、80年代って一体何を間違えてしまったんだろう?って思ってしまいますね。

ころん:2016/10/30(日) 22:15 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL