2016’11.02・Wed

AMY HANAIALI’I 「AUMAKUA」

pamyhanaialii001.jpg

 ハワイに行ってからというものの、どうしてもハワイの音楽が気になってしまう今日この頃、ブックオフなんかに行くと「何かハワイアンあるかな~」なんてついつい探してしまうワケでございますが、そんな折に280円棚で発見したのがハワイの人気女性歌手エイミー・ハナイアリィの2008年盤であります。エイミーさんの名前は以前から知っていましたけど、歌を聞いたことは一度もありませんでしたので、とりあえずはゲットしてみた次第でございます。

 エイミーさんってハワイで一番の人気と実力を誇る歌手と言われていまして、そう言えばハワイでもライアテアちゃんと同じ位ブツを見かけたな~、なんて思い出したりして。まあ何にしてもハワイナンバーワン歌手のブツですから、ワクワク気分で聞き始めたのでございますが、冒頭のCCRの「雨を見たかい」のカバーに「あれっ?」って感じが。原曲がめっさ素晴らしいですから、どうアレンジしようと悪くなり様が無い曲ですけど、ハワイアンじゃなくてロックのカバーを冒頭に持って来るのが「?」って感じ~。などというのはわっちの勝手な言い分ですので、とりあえずは聞き進めて行きますと、めっさハワイアンな曲もあれば、ハワイアンっぽい雰囲気があるだけのポップス曲があったりして、エイミーさんってライアテアちゃんみたいなバリバリの正統派ハワイアン歌手ではなくて、ハワイ出身のポップス歌手という位置付けで解釈するべきだったんですね~。なるほど、それなら冒頭の「雨を見たかい」も納得かな~って思います。

 まあエイミーさんが正統派ハワイアン歌手だろうとポップス歌手だろうと、皆さんにとってそんなことは別にどうでもイイことでありましょう。それよりもエイミーさんの歌そのものはどうなのかってことですが、ぶっちゃけ、確かに上手い歌手だと思います。どっしりと落ち着いた堂々たる歌い口は、まるでアイリッシュの女帝ドロレス・ケーンみたいで(衰えてない頃のドロレスですよ!)、素晴らしい歌手だと言えるんじゃないでしょうか。スローな曲でもアップテンポの曲でも、貫禄溢れる女王様プレイで自分のモノにしてしまうって感じで、女王様に責められたいMな紳士淑女には堪らない歌手なのではないかと(?)。是非女王様の歌にヒイヒイと歓喜の声を挙げていただきたいと思います。

 しかし、責められるのも叱られるのも大嫌いなわっちは、メリケンのジャズ歌手みたいな堂々たる歌い口にちょっと抵抗を感じるのも事実でありまして(実際にこの盤ではジャズもヤッテますけど)、ぶっちゃけ「可愛くね~!」なんて思ってしまったりして。やっぱりハワイアンは可愛らしさを感じさせてくれないといけません・・・などというのはわっちの勝手な言い分ですけど、ライアテアちゃんは当然のこと、ソング・バードと言われた大歌手レナ・マシャードとかも可愛らしさがあるじゃないですか。エイミーさんの実力の程は十分にわかりますけど、もうちょっと愛嬌があれば良かったのにな~って思う、実に勝手なわっちなのでやんす~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL