2016’11.04・Fri

DENNIS PAVAO 「SWEET LEILANI」

pdenispavao001.jpg

 ハワイに行ってからというものの、何故だかハワイアンにハマってしまっている今日この頃、ブックオフの安棚でハワイアンのブツを探したりしているのでありますが、コレが意外に結構見つかるものなんですよね~。ハワイよりもハワイアンのブツが見つかる?なんて気もしまして、やっぱり日本人はハワイアンが好きなんだな~と実感しております。そんな折に500円棚で見つけましたデニス・パヴァオという人のコチラのブツ、一体いつリリースされたのか記載がありませんので不明で、この人が一体何者なのかも全く存じません。ジャケ下にちょろっと「THE GOLDEN VOICE OF HAWAII」なんて書いてありますので、どんな美声なのかな~と思って試しにゲットしてみた次第なのであります。

 ブックレットを抜き出してみますと、マフィア面した怖そうなおっさんの写真がいきなり出て来ましたので、思わず投げ捨てそうになったのですが、そこはガマンして再生してみました。すると出て来たのは、まったり朗々と歌うクルーナータイプのなかなか良い声~♪フランク・シナトラとかエルヴィス・プレスリーなんかをお手本にした感じでありますね。まあ言ってみればオールディーズなんかによくいるタイプと言いますか、今時こんな歌い方をする歌手がいるかね?なんて感じの古いタイプの歌手なんですが、まったりゆったりハワイアンにはハマっていると思います。

 ただ、だからと言いますか、何のスリルも無ければ破綻も無いという、面白味に欠ける歌手とも言えるんですよね~。聞き流している分には心地好いですし、BGMとしてはとても良いかと思うんですけど、ジックリと耳を傾ける程ではないって感じであります。まあ今時のハワイアン自体がスリルも破綻も無い音楽と言えるワケなんですが、この声を生かすのであればバックの音をスラックキー・ギターだけにするとか、もっとシンプルにする方がイイんじゃないかな~って気がします。ハワイアンって結構ベースの音が心地好かったりしますけど、わっちがこの盤をプロデュースするならベースは抜いてウクレレとギターだけの伴奏にします。如何にもハワイアンって音を奏でているスティールギターも使わない方がイイんじゃないですかね~。だってイメージが限定されてしまうような気がしますし。

 この盤ってイメージ通りのハワイアンではありますので、誰もが安心して聞ける仕上がりになっているのは間違い無いんですけど、それ以上でも以下でもないというのが、わっちには物足りないんですよね~。めっさカワイイ女性歌手がカワイイ声で歌っているのなら全く評価は変わって来るかと思いますけど、歌っているのがマフィアみたいなおっさんですから、厳しい評価にならざるを得ません(?)。ハワイの黄金の声なんて称されているのであれば、その真価を発揮してみろよおっさん!って思う今日この頃なのでございます~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

お~、これって昔買ったことありますけど、すぐ売っちゃいました。
「何のスリルも無ければ破綻も無い」というのはおっしゃるとおりですね。
アンディ・ウィリアムス的なつまらなさというか(笑)。
ちなみに、この間取り上げておられたエイミーさんは結構好きですよ。

おやぢ:2016/11/05(土) 13:19 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
え~、おやぢ様もこのブツを持っておられたことがあるんですね!すぐ売ってしまったお気持ちはよくわかります。ぶっちゃけ、全然面白くないですしね~。このブツで一番良いのはジャケットの絵でしょうか?アンディ・ウィリアムスはほぼ聞いたことがありませんので、よくわかりませんが・・・。
このおっさんを聞くぐらいなら、エイミーさんの方が遥かにイイですよね~。

ころん:2016/11/05(土) 23:44 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL