2016’11.12・Sat

興味津々音楽探求~TRIO ESPERANCA 「SEGUNDO」

ptrioesperanca001.jpg

 皆様今晩は。ヒワイイ大使のめぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げるのは、ブラジルのアカペラ・コーラス・グループ、トリオ・エスペランサの1995年のアルバムです。昨日ころんさんがハワイのコーラス・グループ、ナ・レオを取り上げた時に名前が出て来たグループですので、今回取り上げてみようかな~って思いました。ところで女性のアカペラ・グループと言えばわたしはザップ・ママを思い出しますけど、トリオ・エスペランサはザップ・ママほど技巧的でもなければ凝っているわけでもありませんが、その分素直なポップ感覚があるのが魅力的かな~って思います。あ、アカペラとは言っても、曲によっては楽器を使ってますけどね。

 トリオ・エスペランサは3姉妹で組んでいるグループですけど、気心が知れているからなのか、本当に素晴らしいコーラスを聞かせてくれますね。この美しい響きの心地好さは何物にも替えがたいって感じで、わたしは個人的にザップ・ママよりも好きですね~。コーラス・グループって世界中に色々と存在しますけど、ここまで心地好いハーモニーは他になかなか無いんじゃないでしょうか?どこまでも優しい歌声で、心の奥底までリラックスさせてくれるような気がします。アップテンポもスローテンポも、完璧なハーモニーで見事に歌いこなしてしまいますし、本当に極上のリラックス音楽此処に在りって感じですね!素晴らしいと思います。

「極上のリラックス音楽ですね!」byめぐりん
phiwaiimegu048_20161112230746175.jpg

 このアルバムはジャンル的にはボサノバってことになりますけど、実はわたしはボサノバって苦手なんですよね~。ボソボソとした歌い方が何だか力が抜けるっていうか、お腹に力が入らないフニャっとした感じが好きじゃないんです。だからこれまでボサノバ盤はジャズ担当の理亜にレビューしてもらったりして来ましたけど、こういうボサノバなら大歓迎ですよ!全然フニャっとしてなくて、ちゃんとシッカリ歌ってますし。このアルバムではボサノバの有名曲、「イパネマの娘」とか「フェリシダージ」なんかも歌っていますけど、ボソボソフニャフニャしていないですからまるで別の曲みたいで、すごく新鮮に聞くことが出来ます。

 ブラジルのコーラス・グループと言えば、クァルテート・エン・シーがとても有名ですけど(アカペラ・グループではないですが)、わたしはトリオ・エスペランサの方が好きですね~。エスペランサの方が聞きやすくて洗練された感じがしますし・・・って言えるほど、わたしはエン・シーを聞いているわけではありませんので、近い内にちゃんと聞き直して取り上げてみようと思います。ころんさんは「クァルテート・エン・シーも素晴らしい魅力に溢れたグループですよ」なんて言っていまして、ころんさんに魅力がわかっているものを、わたしがまだちゃんと聞いていないというのは癪に障りますので、ジックリ聞き込んでみようと思います!

以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL