2016’11.24・Thu

奈々子SOS~ORANGE JUICE 「YOU CAN’T HIDE YOUR LOVE FOREVER」

porangejuice001.jpg

 みなさん今晩は。私老化防ぎ隊の奈々子です。今回の「奈々子SOS」は、英国のオレンジ・ジュースというグループの1982年盤を取り上げます。これはネオアコの名盤といわれているアルバムで、本当だったらころんさんが取り上げるべきなんですけど、実はころんさんってオレンジ・ジュースって全く聞いたことが無いらしくて、何の思い入れも無いからワタシにレビューを回して来たみたいです。へ~、ネオアコ好きのクセにネオアコの名盤を聞いたことが無いなんて、ころんさんって本当にワケわからないですね~。

 ワタシもオレンジ・ジュースなんてバンドは全く知らなくて、聞くのは初めてです。そもそもこれまで好んでネオアコを聞くことは無くて、知っているのはアズテック・カメラとかペイル・ファウンテンズとか、ごく常識の範囲内(?)のバンドばっかりですね。ネオアコってナイーヴで軟弱で、でもメロディがキレイなギター・ポップってイメージがあって、そう考えるとこのオレンジ・シューズというバンドもまさにイメージ通りのバンドかな~って気がします。でも、アルバムを聞き進めるほどに実感してしまう、この脱力するようなヘッポコ感は何事なんでしょうか?とにかく歌が物凄くヘタクソなんですよ。調子ハズレだし声は震えてるし、正直言えば本当に音痴で、聞くに堪えないヘロヘロ・ヴォーカルです。何コレ?

「ヘタクソ過ぎて、やれやれって感じです。」by奈々子
pnanako012_20161123185333976.jpg

 歌がこれだけヘタだと、演奏全体もフォルムが狂って来るっていうか、ギターもあさっての方向を向いた(?)調子外れの変なフレーズを弾いてるし、ベースは平板な音を出しているだけだし、ドラムはドタバタしてるだけだし、もう全ての音がバラバラに狂ってる感じなので、聞いてると段々こっちの気が狂って来そうな感覚になっちゃうんですよね~。ヒワイイ大使のこにたん様はネオアコが大嫌いと公言してますけど、こんなのがネオアコの名盤なんて言われたら、ワタシだってネオアコなんて嫌いだって言いますよ。ヘロヘロでボロボロなクセに、無理にブラック・ミュージックの真似っこみたいな曲をやったりするのが何か腹立つし、特にアル・グリーンのカバーの「L.O.V.E.」なんて、ヒワイイ大使のはりーちゃんが聞いたら気絶すると思います。

 う~ん、コレはとにかく酷い作品だな~って思います。とても正気では聞いてられないっていうか、あまりに調子ハズレな、あまりにスットコドッコイの珍盤としては価値があるのかもしれないけど、こういうのをハンドメイドなインディーズの雄みたいに持ち上げるのは、どこか間違ってるんじゃないかな~って。まあこんなことを言うと「オマエみたいなネオアコ素人に何がわかる!」なんて怒られそうだけど、筋金入りの(?)ネオアコ好きころんさんだって「これは酷いですね~」って言ってましたし、とても正気の沙汰とは思えないポンコツ音楽だと思います。これこそがネオアコだって言うなら、ワタシはもうネオアコなんて聞かなくていいです。あ~、こんなの聞いてたら、ホントに心底SOSだわね~。

以上、私老化防ぎ隊の奈々子がお送りしました。ワタシのSOSを感じ取った方は、是非フォローして下さいね♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
オレンジジュースって、聴いたことはありませんけど、有名なバンドですよね。
ヴォーカルって、何とかコリンズでしたっけ?
ここまで、こき下ろされると逆に聴きたくなってきます。

masahiro:2016/11/25(金) 18:32 | URL | [編集]

>masahiroさん
こんばんは。私老化防ぎ隊の奈々子です。コメントありがとうございます!
オレンジ・ジュースは結構有名なバンドですね。エドウィン・コリンズがヴォーカルですけど、コレがまた本当にヘタクソで…。ここまで物凄いポンコツ音楽は他にあまりありませんので、あえて聞いてみるのもアリかもしれませんね。覚悟を決められたら、是非!

奈々子:2016/11/25(金) 22:27 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL