2016’12.05・Mon

興味津々音楽探求~YASMIN LEVY 「SENTIR」

pyasminrevy001.jpg

 皆様今晩は。ヒワイイ大使のめぐりんです。今回の「興味津々音楽探求」で取り上げるのは、イスラエル出身の歌手ヤスミン・レヴィの2009年盤「センティール」です。レヴィさんが歌っているのはセファルディーの歌ですが、セファルディーというのは、15世紀頃のレコンキスタによってスペインを追われたユダヤ人のことです。世界中に散らばって行ったセファルディーの中で、イスラエルに定住している人は10万人ぐらいらしいですけど、そんな中から出て来たのがレヴィさんというわけですね。ころんさんにこの盤を渡された時は、「イスラエル出身の歌手が何故セファルディーの曲?」なんて思いましたけど、イスラエル出身だからこそなんですね~。

 とりあえずはどんな音楽なのか全然想像がつきませんので、早速再生してみますと、ジャズ風味の伴奏でギリシャ歌謡っぽい雰囲気のマイナー調の曲に、ファドみたいな歌が乗っているという、不思議な感覚の音楽が出て来ました。レヴィさんの歌い方って、わたしにはとってもファドっぽく聞こえるんですけど、セファルディーって元々スペイン系ですから、音楽的にファドっぽさがあってもおかしくないですよね(などとテキトーなことを言ってみました)?故郷の地を追われた人達の望郷の念がある歌って感じで、そのサウダージな感覚がファドと共通するって思うのはわたしだけでしょうか?まあファドっぽく感じるのはレヴィさんの歌だけで、音楽的にはジャズの感覚を取り入れた、とてもハイブリッドな感覚のある汎地中海音楽って感じですかね~。ポルトガルから地中海を通じてギリシャとかトルコあたりまでを視野に入れた、とても幅が広い音楽だと感じられます。

「汎地中海音楽ですね!」byめぐりん
phiwaiimegu015_2016120522253411d.jpg

 ところで汎地中海音楽って言うと、レゲエとかヒップホップとかハードロックとか色々な要素をゴッチャに取り入れつつ独自の民族色を出した、ストリート感覚溢れるミクスチャーな音楽を思い浮かべる人も多いんじゃないかと思います。それはそれでとても活力に溢れていて素晴らしく魅力的なものも沢山あると思いますけど、レヴィさんのこの盤は全然違った雰囲気なんですよね~。全体的にとても落ち着いたというか、沈んだトーンで統一されていて、庶民の日常の雑踏みたいな雰囲気はありません。肉体から湧いて出て来たようなタイプの音楽ではなくて、受け継がれて来たものをしっかりと頭の中で再構築した感じの音楽になっていると思います。だから物足りないという人もいらっしゃると思いますけど、肉体感覚が薄い分スッキリと洗練されていて、何だか深く思索しているような音楽になっていますね。わたしにはそこがとても魅力的です。

 収録されているのはマイナー調の曲ばかりで、どれも物悲しいながらも心に染み入るような美しさがあると思います。こんな言い方をすると誤解を招くかもしれませんが、聞いていてとっても癒されますよね。レヴィさんの歌にはファドっぽい感覚があると言っても、声を張り上げるような事はありませんし、アルバムの落ち着いたトーンに相応しい控え目な奥ゆかしさが感じられます。イスラエルの音楽事情は全く知りませんけど、イスラエルにヤスミン・レヴィありと誇れるレベルの、本当に素晴らしい歌手だと思いますよ!

以上、ヒワイイ大使の巨乳担当めぐりんがお送りしました。それではまた次回まで、ご機嫌よう~♪
スポンサーサイト

Categorie中近東  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL