2016’12.13・Tue

山本彩 「RAINBOW」

pyamamotosayaka001.jpg

 NMB48の中心メンバーとして人気が非常に高い山本彩の、今年発売のアルバムであります。この娘の名前って、わっちは「あや」と思っていたんですけど、実際は「さやか」なんだそうです。この漢字で普通「さやか」なんて読まないですよね~。まあ人の名前ですから別にそれはそれでイイんですけど。そんな彩ちゃんでありますが、ジャケを見ての通りAKB関係にしてはなかなか端整な顔立ちをした美人さんであります。ちょっと目付きは怖いんですけど。彩ちゃんと言えばNHKの朝ドラで使われたAKBの「365日の紙飛行機」の冒頭でリードを取っていますけど、ちょいハスキーで突き放したような歌声がなかなかに印象的な、意外に(?)イイ声をしている娘ですよね~。ギター弾き語りをしている姿を見たこともありますし、本人はかなりの音楽好きのようですね。

 どうやら本人はシンガーソングライターになりたいらしいのですが、実はこのアルバム、全13曲中で彩ちゃんの作詞作曲が7曲もありまして、その志は単なる夢物語ではないというのがよくわかります。他の曲を書いているのはスガシカオ、いしわたり淳冶、亀田誠治、蔦谷好位置、TAKURO等々なかなか錚々たるメンバーなんですが、彩ちゃんの曲のクオリティがそんな連中の曲に劣らないというのが凄いかと思います。AKB関連って基本的にシロート同然な連中ばっかりって気がしますが、その中で彩ちゃんって異色の才能の持ち主って感じですね。AKB関連の連中はソロになった途端に失速しますけど、これだけの実力を持っているなら、彩ちゃんはキッチリ生き残りそうな感じですよね~。う~む、やるじゃないですか彩ちゃん!ちょっと目付きは怖いんですけど。

「そんな怖くないですよね?」by彩ちゃん
pyamamotosayaka002.jpg

 このブツは音楽的には、フライングVを持っているカッコいいジャケから想像出来る通り、アイドルらしからぬハードロッキンな音作りになっています。カッコいいジャケの通りのカッコ良さがある仕上がりになっておりまして、コレはファンじゃなくても惚れてしまいますね!って言うか、ファンになってしまいますよ。多分ですけど、家入レオのファン層と被るんじゃないですかね~。ちょいハスキーで体温低めな歌声もカッコいいですし、ハードロッキンな音楽に良く合っていると思います。お得意の(?)フォークソングみたいな曲もめっさイイですし。この音楽であれば、ライヴで見たらめっさカッコいいんだろうな~って思います。もしソロでツアーをヤルのであれば、是非見てみたいですね~。まあAKB関連のファンが殺到して、チケットなんて絶対に取れないんでしょうけど。

 イヤイヤ、なかなか良いじゃないですか彩ちゃん!目付きは怖いんですけど(←しつこい)。ぶっちゃけ、単にジャケに一目惚れしただけのブツだったんですが、こんなにイケてるとは思ってもいませんでした。人気アイドルが人気に便乗してお遊びで出してみたソロアルバムというレベルのブツではなくて、ロック・ミュージシャンとしてシッカリ独り立ち出来ている作品だと思いますね~。別に期待も何もしていなかっただけに、驚きの掘出物であります!
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL