2017’02.22・Wed

THE MANHATTAN TRANSFER 「VOCALESE」

pmanhattantransfer001.jpg

 メリケンのジャズ・コーラスグループ、マンハッタン・トランスファー(以下マントラ)の1985年のアルバムであります。ブックオフにて280円にてゲット致しました。マントラのブツはたまにブックオフに出て来ますけど、280円棚にあるのは珍しいですからね~、つい手が出てしまいました。タイトルのヴォーカリーズというのは、ジャズの用語では元々歌詞の無い曲に歌詞を付けて歌うことらしいですが、詳しいことはよく知りません。この盤ではジャズの名曲に歌詞を付けて歌っているようなのですが、ジャズど素人のわっちは原曲を全く知りませんので、歌詞と歌が付く事によってオリジナルがどのように変化したのかはわかりません。

 ところでマントラというグループなんですが、わっちは高校生の頃に知った連中なんですけど、当時購読していた週刊FMという雑誌で取り上げられていて、是非アルバムを聞きたいと思っていたんですよね~。FMラジオで1曲目の「THAT’S KILLER JOE」を聞いて気に入ったりもしてましたし。その後機会があってこのブツをゲットしたんですけど(多分大学生の頃)、その頃はワールドミュージックの大海で溺れている時期でしたので、ジャズをちゃんと聞こうなんて気にはならなくて、何だか面白くないな~と感じてさっさと売り払ってしまったんですよね~。その後また聞きたくなって買い直そうと思っていたんですけど、ブックオフの安棚ではなかなか見つからず、先日のクリスマス関西の旅でようやく見つけることが出来たのであります。

 というワケで、わっちにとっては念願の1枚ってことになるこの盤でありますが、ジャズにちょっとは親しみを持てるようになった現在の耳で聞きますと、コレはなかなか面白いと思いますね~。何がどう面白いかなんて具体的なことは言えないんですけど、まずはとにかく楽しいじゃないですか。とにかくこの連中は技術的にメッチャクチャに上手いと思うんですけど、上手いと感じさせるよりも先に、歌うのが楽しいという感覚が出て来ているのが良いかと思います。洒落っ気とかユーモア感覚たっぷりに、とにかく楽しくて仕方が無いという気持ちがビシバシに伝わって来るのが素晴らしいかと思います。だから実際は凄いことをヤッテいても少しも凄いと思わせないという、プロの歌手としては理想的な境地に達しているのではないかと、わっちは感じている次第なのであります。

 まあマントラが非常に優れたグループであるとは以前から耳にしていましたけど、実際に聞いてみると本当に素晴らしいグループですよね~。ジャズ・ヴォーカルというモノの楽しさを存分に伝えてくれる最高のグループ・・・などとは、ジャズど素人のわっちにはとても言えませんけど、オッサレーな時間を過ごすオッサレーなBGMとしても、オーディオと対峙してジックリと聞く音楽としても、どんな聞き方でも出来る優れモノだとわっちは思っているのでやんす~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL