2017’03.28・Tue

SOLES 「DESAFIO」

psoles001.jpg

 ブックオフの280円棚の洋楽の「D」のコーナーを見ていた時のこと、1枚のブツをヒョイと取り出してみると、「SOLES」と書いてあるオバハン3人組ジャケの盤でありました。「何じゃこりゃ?」と思って裏を見てみると、曲のタイトルはスペイン語ですし、ブツの生産国は記載が無いものの「SEVILLA」の文字がありますので、多分スペインのオバハン3人組グループなんだろうな~ってことで、何だかよくわかりませんけどゲットしてみた次第であります。とりあえずネットで検索してみたのですが、このオバハン達のことはよくわかりませんね~。

 まあ一体何者なのかはわからなくても、音楽自体が面白ければいいやってことで再生してみたのですが、フラメンコ~ラテンの要素が強いポップスを歌っていますね。聞けば確かにスペインのポップスだな~って音楽ではありますが、安直な打ち込みを中心とした音作りが何だかな~って感じですね。メロディは何故だか一昔前の日本の歌謡曲に通じるモノがありまして、例えばWINKなんかが歌っていてもおかしくなさそうなタイプの曲があるのは、歌謡曲ファンには意外に受け入れやすいのかな~って気も致します。しかし常にオバハン3人がユニゾンで歌っておりまして、3人とも響き成分が少ない伸びの無い声ですので、歌としての魅力はあまり無いんですよね~。う~む、何だか困ったブツじゃな~。

 とりあえずは、迫力のあるフラメンコ歌唱のポップスでも聞けたらイイな~なんて思ってゲットしたブツでありますが、全然違いましたね~。メロディは悪くないんですけど、打ち込み中心の音作りはイケてないですし、オバハン3人の歌には魅力が無いですし、しかもルックス的にも単なるババアですし、イイとこ無し状態であります。地元ではこんなオバハン達が売れたりするんでしょうかね~。まあヨーロッパとかは熟女好きが多いと聞きますが、だからってこんなオバハン3人組が売れたりするとは思えないんですけど、実際のところはどうなんでしょうか?何にしても、コレは売り払うしかないかな?
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL