2017’05.22・Mon

JUDY AND MARY 「THE POWER SOURCE」

pjudyandmary001.jpg

 日本のロックバンド、ジュディ・アンド・マリーの1997年発売の4枚目のアルバムであります。先日の関西の旅で神戸のブックオフにて、140円でゲットしたブツであります。何故今頃ジュディマリなのかと言いますと、実は前々から聞いていたいと思っていたんですけど、それはわっちのマミたんが影響を受けたギタリストとして、このバンドのタクヤという人を挙げていたからであります。はい、単にそれだけです。マミたんが名前を出していなかったら、絶対に聞こうなどとは思わなかったです。

「確かに言いましたわよ。」byわっちのマミたん
pscandalmami019.jpg

 ぶっちゃけジュディマリなんてシングル曲を数曲しか聞いたことが無くて、どんなバンドなのか全く存じません。めっさ人気があったバンドというのは知っていますけど、勝手な思い込みとして、どうせユキの特徴的なヴォーカルだけに頼った下らんバンドじゃろ?なんてタカを括っていたワケでございますよ。ところがですね、140円でゲットしたこのブツを聞いて、わっちはビックリしたんですよ!めっさカッコええやんって。このバンドの最大のウリがユキのヴォーカルということに間違いは無いかと思うんですけど、マミたんが名前を出すだけあってギターはめっさ上手くてトリッキーなプレイを随所で繰り出して来ますし、それよりも何よりも音作りがめっさビザールと言いますか、大人気だったバンドとは思えない変態的音作りを聞かせるんですよね~。これは凄えわ!

 基本的にはハードロックなんですけど、ギターもベースもヤリたい放題の弾きまくり、ドラムも好き放題の叩きまくりで、物凄く混沌としたやかましい音の塊をぶつけて来やがるんですよね~。ポップバンドなどとはとても呼べない、どちらかと言えばスティール・ポール・バス・タブ(知ってますか?)みたいな激烈ヘヴィ・ロックに近い感触があるバンドだと感じられます。へ~、よくこんなバンドが人気ありましたね~。このブツには大ヒットした「そばかす」とか「くじら12号」なんかが収録されていますけど、こんなにヤリたい放題のハードロックな曲だったなんて、今回初めて知りました。う~む、マジで凄いわこの連中。今更ながらにファンになってしまいましたよ!

 こうなって来ると、この連中の他のアルバムも全て聞いてみたくなって来ますね~。とっくの昔に解散しているバンドですし、ブックオフの安棚の常連さんでもありますから、多分それほど苦労すること無く揃えられるんじゃないかと思いますので、無くならない内にゲットしてしまいたいと思います。それにしても、90年代のメジャーな日本のロックバンドにこんな尖がった連中がいたなんて、わっちにとっては大発見ですし驚きでもあります。やっぱり食わず嫌いはダメと言いますか、色々と聞いてみるモンだと改めて思った、今日この頃なのでやんす。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL