2017’05.23・Tue

R.E.M. 「PART LIES PART HEART PART TRUTH PART GARBAGE 1982-2011」

prem008.jpg

 メリケンのロックバンドR.E.M.の、2011年発売の2枚組40曲入りベスト盤であります。ブックオフの280円棚で発見致しました。ところで最近のブックオフですが、CDケース本体にベッタリと値札を貼ったりケース開口部に青いテープを直接貼り付けたりしていますよね。それがプラケースであろうと紙ジャケであろうとお構いなしで、特に紙ジャケにベッタリと貼り付けられいたりすると剥がすのが大変なんですよね~。このブツも紙ジャケデジパック仕様なんですけど、値札は直接貼られていましたし、開口部には青いテープが貼り付けてありましたし、エエ加減にしてくれやって感じです。

 まあそれは置いといてコチラのブツでありますが、タイトル通りR.E.M.の1982年から2011年までの楽曲が収録されております。わっちにとってのR.E.M.はインディーズのIRS時代で終わっておりまして、メジャー移籍後のアルバムは殆ど聞いておりませんから、半分以上は知らない曲であります。今更R.E.M.のメジャー盤を全て聞こうなんて全く思っていないわっちにとっては、お手軽に色々と聞けるこの手のベスト盤は非常に便利なんですけど、ぶっちゃけイイ曲が揃っていますね~。耳馴染みのあるインディーズ時代の曲は当然素晴らしく良いのでありますが、意外にも(?)メジャー時代の曲も実に粒揃いでイイんですよ。特に「MAN ON THE MOON」とか「NIGHTSWIMMING」はめっさ美しくて素晴らしいですね♪

 ちなみにこの盤は曲が時系列で並べられておりまして、DISC1は大半がインディーズ時代の曲、DISC2はメジャー時代の曲が収録されております。どちらかと言えば個人的にはDISC1の方が好きなんですけど、わっちの大好きな「不思議なチャイナ兄弟」とか「緑の季節」なんかが入ってない!という物足りなさはあります。まあベスト盤というものには、「自分の好きな曲が入っていない!」ということは付き物ではありますけどね~。先日発売されたスキャンダルのベスト盤だって、わっちの大好きな「本を読む」や「缶ビール」、「SUKI-SUKI」、「RAINY」、「STANDARD」、「夜明けの流星群」等々入ってない曲が多々ありましたからね…って、R.E.M.には全然関係無い話ですね。失礼致しました。話を戻しまして、この盤は曲が時系列で並べられていますから、R.E.M.の音の変遷がわかりやすい形でまとめられていると思います。インディーズ時代のモヤモヤ感を脱して落ち着いたロックンロール・バンドになって行く過程がよくわかると言いますか。

 これまでわっちはメジャー時代のR.E.M.には全く興味がありませんでしたけど、このベスト盤のDISC2を聞くと、本当に意外な程にイイ曲が揃っていますので、これはちょっとメジャー時代もシッカリと見直す必要があるのかな~って気がして来ました。とりあえず「AUTOMATIC FOR THE PEOPLE」辺りは、ちゃんと聞いておく必要がありそうですね。ブックオフの280円棚か500円棚で探し出したいと思います。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL