2017’06.13・Tue

YURI BUENAVENTURA 「YO SOY」

pyuribuenaventura002.jpg

 コロンビア出身の歌手ジューリ・ブエナベントゥーラの、2000年のアルバムであります。このおっさんのブツは前に2009年の盤を取り上げたことがありますが、コロンビア人でありながらもスッキリとしたカッコいいサルサを展開していて、なかなかに印象的な作品になっていたと思います。だからと言ってこのおっさんの他のブツを探していたワケではありませんが、ブックオフの500円棚で偶然発見してゲットしたのでありました。それにしてもブックオフって、何故かこんな珍しい盤がちょくちょく出て来ますよね~。嬉しいやら楽しいやらで、だからブックオフ漁りってやめられないのであります。

 ところでこのブツを買ったのは、もちろんジューリ・ブエナベントゥーラという歌手に魅力があるからですが、もう一つの理由があります。ブックオフでこの盤の曲目をツラツラ眺めていたところ、各曲に「SALSA」だの「PLENA」だのと形式名(?)が書いてあるのですが、10曲目に「CURRULAO」なんて表記を見つけたからであります。クルラーオというのはコロンビアの太平洋岸の黒人系音楽なんですが、マリンバを使うのが特徴であります・・・などと知ったようなことを言いつつ、実は全然聞いたことがありませんでしたので、どうしても聞いてみたかったのであります。今年に入ってからと言うものの、やたらとラテン音楽が気になって色々と聞いておりますし、未知の音楽クルーラオを聞けるなんて滅多に無い機会ですからね~♪

 というワケで聞いてみました今回の盤でございますが、1曲目から都会的で快活なサルサが展開されておりまして、なかなかに心地好いです。通常のサルサとは違った形式の「PLENA」とか「LATIN JAZZ」、「DANZON SON」なんて表記されている曲もステキですし、「この盤めっさエエやん!」なんて思いながら聞いていたのですが、9曲目でビックリ仰天!何だかアラブっぽいバイオリンが出て来たな~と思ったら、どう聞いてもライにしか聞こえない歌が飛び出して来ました!「な、何じゃこりゃ?」と思ってブックレットを見ると、ライ歌手のフォーデルがゲストで歌っているのでありました。サルサとライの合体なんてめっさ珍しいですけど、めっちゃくちゃにカッコいいではないですか!ちなみに曲のタイトルが「SALSA RAI」。なるほど、そのまんまですな・・・。

 「サルサ・ライ」の次が楽しみにしていた10曲目の「クルラーオ」なんですが、これがまた「サルサ・ライ」に負けない強烈な曲であります。マリンバをバックにしたコール&レスポンスが土俗的な民俗音楽という雰囲気になっておりまして、一際異彩を放っております。う~む、シビレる程に素晴らしいじゃねえかコノ野郎、などと思わず口走ってしまう仕上がりであります!そして次の曲がエルトン・ジョンの名曲「YOUR SONG」のラテン・アレンジのカバーなんですが、コレが都会的でめっさオッサレ~な仕上がりで、土俗的なクルラーオとの対比が見事なんですよ。この9曲目から11曲目の流れは、心底感動してしまいますね~♪うわ~、マジ素晴らしいわコノ野郎。スキャンダルに嫌われたあの日のショックを忘れさせる程の仕上がり、のはずありませんけど。あ~、マミたん助けて!

「断る!」byわっちのマミたん
pscandalmami022.jpg
スポンサーサイト

Categorieラテン  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL