2017’06.23・Fri

THANH NGOC 「1650KM」

pthanhngoc001.jpg

 ベトナムの民歌歌手タイン・ゴックの今年発売のアルバムで、プランテーションにてゲットしたブツであります。これまで全く聞いたことが無い歌手ですが、多分新人さんなんだと思います。見返り美人風のジャケがなかなかイイ感じのブツでありますが、中にも写真が満載でありまして、美麗なポストカードが9枚も入っておりますよ!サービス精神旺盛なお得盤ですね~。ただ、キレイですけどかなり気の強そうな顔をした人ですので、好みは別れるかもしれません。ハグなんかしたら、思いっ切り張り倒されそうな感じがします。

 というどうでもいい話はさて置きこのブツでありますが、一体何が「1650KM」なのかは知りませんけど、CDが全然売れないこの時代にブツをリリース出来るワケですから、シッカリとした実力を持った歌手なのは間違い無いです。顔を見る限りではまだ若い歌手だと思いますが、流石にベトナムの民歌歌手だけあって歌はめっさ上手くて、余裕の発声・落ち着いた節回し・控え目に漂う色香、どれを取っても素晴らしい歌手だと思います。ぶっちゃけ、コブシ回しにはまだ若さが窺えますけど、それが新鮮な魅力に繋がっているのも事実でありまして、ルックスに見合った可愛らしさが感じられるのがよろしいかと思います。ちょいと「萌え~な」感覚があると言いましょうか。それにしても、何故ベトナムってこんなに良い歌手が次々に出て来るんでしょうかね~。流石に歌謡大国ですな。

 この盤ですが、プランテーションの店長さんがわっちの為に見繕って下さったブツですので、当然間違いの無い盤なワケでありますが、民歌歌手の盤にありがちなダサい音作りなんかとは全く無縁ですし、ファム・フォン・タオタン・ニャンみたいにパワーがあり過ぎて音が割れるなんてことも無く、実にバランスの取れた作品に仕上がっていると思います。ジャジーな音作りの曲やメロウな歌謡曲、ポップスみたいな曲も入っていたりしますし、もはや民歌の範疇に収まる作品ではなく、ボレロの流行なんかに呼応した新しい民歌が展開されているのではないかな~なんて、勝手な妄想を抱いている今日この頃。

 それにしても、こういう盤を聞いていますと、やっぱりベトナムの音楽状況がめっさ気になってきますよね~。自分の足でホーチミンとかハノイとかに行って、どんな具合になっているのか確認したくなって来てしまいました。一応今年も海外旅行に行きたいと考えておりますが、もし行けるなら、今年はベトナムに行きたいな~なんて思っております。ブツ屋が次々に潰れて淘汰されているみたいですけど、そんな状況も含めて現地に是非行ってみたいですね~。まあ、嫁さんとの相談になりますけど。
スポンサーサイト

Categorieベトナム  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL