2017’07.06・Thu

GOLDEN MEMORIES

pgoldenmemories001.jpg

 先日の関西の旅でプランテーションにてゲット致しました、インドネシアの昔のロックの19曲入りコンピレ盤であります。ジャケにカーネル・サンダースのマークがあります通り、インドネシアのケンタッキー・フライドチキンで制作・販売されているブツであります。地元ではケンタッキーの店舗でしか入手出来ず、しかも発売後3ヶ月経ったら即廃盤・全部回収されてその後市場には出回らなくなる運命の盤であります。ですので、もしかしたら既に廃盤になっているかもしれません。何だかメチャクチャな戦略ですね~。もうちょっと何とかせえよダニエル・ラノワ!

 という話は置いといてコチラの盤でありますが、インドネシアの70年代頃のロック歌謡のコンピレでありまして、プランテーションの店長さんのお話によりますと、最近はこの手の音楽のオリジナルLP又はカセットを探している人が多いらしく、店長さんもインドネシアに買い付けに行かれた際は、色々な所で探されるのだとか。インドネシア側もそんな状況は良く知っているらしくて、この手のブツの値段は吊り上がる一方のようです。例えばカセットテープ1本が、普通に4,000円とかするらしいんですよね~。以前から東南アジアの昔のアナログ盤がマニアの間で世界的に人気があるのは知られた話ですけど、何だかな~って感じですね。まあわっちはLPもカセットも再生機器を持っていませんので、手を出したりはしないんですけど。

 とは言えわっちもこの手の音楽には興味がありますので、当然聞いてみたいワケでありますが、店長さんに「こんなんどうですか?」なんて紹介していただきましたので、試聴もせずに喜んでゲットさせていただいたのでありますよこのケンタッキー盤を。ケンタッキー盤って戦略はメチャクチャですけど、こういう貴重な音楽のコンピレ盤を出してくれたりしますので、有り難いのは間違い無いんですよね~。で、内容の方でありますが、ちょいとノスタルジックな感覚のあるインドネシアのロック歌謡が存分に堪能出来まして、ハマってしまいますね!ロック歌謡とは言いましても、海洋的なイメージがある大らかなもの多くて、「あ~、インドネシア音楽って海を通じて色々な世界に繋がっているんだな~」なんて、勝手な妄想が広がってしまうのであります~♪嗚呼素晴らしき哉、インドネシアロック歌謡。

 別にどうでもいい話ではありますが、この盤を聞いていますと、この手の音楽のオリジナルLPとかカセットが欲しくなる人の気持ちはわかりますね~。だって本当に魅力的ですものこの手のインドネシア音楽って。クロンチョンなんかにも通じる大らかさを持ちながらも、ロックとかの欧米的音楽に親しんで来た人にも聞き易いロックバンド編成で演奏されていて、しかもインドネシアらしさがシッカリと味わえるワケですよ。そりゃあオリジナルを揃えたくもなりますわな。流石に音楽大国インドネシア、素晴らしく魅力溢れる音楽がたくさんありますね!ただ、惜しむらくはこのケンタッキー盤、もっと音楽的なデータをブックレットに記載して欲しいかと・・・。
スポンサーサイト

Categorieインドネシア  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL