2017’07.11・Tue

KING CRIMSON 「EPITAPH」

pkingcrimson002.jpg

 ブックオフの280円棚で見つけました、キング・クリムゾンの1997年の2枚組であります。キング・クリムゾンの盤なんて通常は安棚には決して出て来ませんので、これはめっさ珍しい~ってことで喜んでゲットした次第であります。実はわっちはキンクリって結構好きなんですけど、これまでブツは1枚も持っておりませんでした(正確には1枚持っていたけど売り払った)。

 基本的にわっちはプログレと呼ばれる音楽はあまりタイプではなくて、それはわっちの兄貴が超プログレ好きで、毎日のように隣の兄貴の部屋からプログレがガンガン漏れ聞こえて来てやかましかったという体験があるからであります。目覚し時計がジリリリリリリリーっと鳴る音にギョッとしたのは、一度や二度ではありません(アレってピンク・フロイドか何かですか?)。勿論兄貴はキンクリもめっさ聞いておりまして、キンクリの音楽も兄貴の部屋から漏れ聞こえて来ていたワケであります。当然わっちはその音楽もイヤだったワケでありますが、しかし何故だか知りませんけど、キンクリだけはちょいと気になる部分があったんですよね~。

 その後タワレコのバーゲン品コーナーで「EARTHBOUND」という黒いジャケのライヴ盤をゲットし、キンクリの音楽をジックリと聞いたんですけど、わっちはコレにぶっ飛んだんですよ。音質は劣悪極まりないんですけど、嵐のようなと言いますか、火山の噴火のようなと言いますか、とにかく凄まじいパワーに溢れる壮絶な演奏にシビレてしまったんですよ。などと言いつつ、とっくの昔に売り払ったんですが・・・。それ以来キンクリのスタジオ盤をちゃんと聞いてみようかと思っていたのですが、ブックオフの安棚には全く出て来ませんので、聞かない状態がず~っと続いておりました。しかし、この度やっとこの盤に出会いましたので、念願叶ったり~って感じなんですよね~。

 ということで聞いてみましたコチラの盤ですが、ライヴ盤だったんですね。全然知りませんでした。しかも同じ曲が何回も入ってるし。な~んだ、キンクリ・マニア向けのライヴ盤なんだ~なんて思いながら聞いていたのですが、コレはめっさ良いんじゃないでしょうか?マニア達がどんな評価をしているのかは知りませんけど(調べる気が無いし)、怒涛の勢いと熱気が溢れる演奏は、手に汗握ると言いますか、めっさアドレナリンが噴出してしまいますよね~。うわ~やっぱりエエな~キンクリって。未だにキンクリのスタジオ盤は1枚としてマトモに聞いていませんけど、「キンクリはライヴ盤に限る!」なんて口走りたくなってしまいますね。コレを聞いていると、「EARTHBOUND」を買い直したくなって来たぞ?
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL