2017’07.20・Thu

AFRICAN JAZZ PIONEERS 「SIP’N FLY」

pafricanjazzpioneers001.jpg

 南アフリカのジャズバンド、アフリカン・ジャズ・パイオニアーズの1993年盤であります。南アフリカのジャズと言えば、マニアの所有物になってしまったような小難しいアメリカのジャズなんかとは違った、パ~っと開かれたポップス的な楽しさが大きな魅力かと思います。その辺は前に取り上げましたザックス・ンコーシの盤とか、ダラー・ブランドの南アフリカ録音盤なんかでも十分に感じられるかと思います。マハラティーニやマホテラ・クイーンズなんかで有名なンバカンガにも通じる面白さがあると言いますか、ジャズが元々大衆の為のダンス音楽であるということを実感させてくれる、ジャズの原点を感じさせてくれる音楽だと思いますね~♪「楽しくて当然!」って感じの音楽なんですよ。

 ですのでこういうジャズを聞くとホッとする、なんて言い方は変ですけど、南アフリカのジャズはポップスを聞く時と同じ耳で聞けるのがイイんですよね~。わっちはジャズという音楽に苦手意識がありまして、まあそれはジャズファンにツウぶった変な連中が多いからであって決してジャズそのものが悪いワケではないんですけど、どうしてもジャズを聞く時はちょいと身構えてしまうんですよ。ジャズファンのせいで「ジャズは小難しい音楽である」というイメージが、完全に身に付いてしまっておりますので。とは言っても、最近はかなり苦手意識を克服していますけどね♪ジャック・ディジョネットめっさカッコエエとか、デイヴィッド・マレイのサックスの音サイコーとか、スティーヴ・コールマンめっさクールとか、フツーに言ってますし(言ったか?)。

 でも南アフリカのジャズって、やっぱりアメリカの小難しいジャズとは全然違っていて、「ジャズなんて嫌いじゃ!」なんて人でも十分に楽しめると思います。わっちの師匠であります高橋健太郎先生が書かれている解説を見ますと、このバンドの連中はアフリカン・ジャズとアメリカン・ジャズは別物であると明確に認識しているらしいですし、この腰に来る楽しいビート感は、「ジャズである以前にアフリカン・ミュージックである(by師匠)」ということを、高らかに宣言しているようにわっちには感じられるのでやんす。と言いますか、ジャズの原点を取り戻しているとでも言いましょうか、「これぞジャズじゃ!」なんて気がするのであります。

 それにしてもこの盤、音楽もめっさ良いですけど、音も良いですね~。とにかく響きが気持ちイイんですが、サックスやラッパの音も柔らかくて楽しげに響いていますし、ベースがブイブイと前に出て来て(サイサイのあいにゃんのベースみたい!)、ブラシで叩くドラムの音も耳にとっても優しいですし、全てがサイコーですね!オーディオ的に良い音なのかどうかは知りませんけど、こういう柔らかくて耳に優しい、低音から高音までのバランスがシッカリと取れている音って、わっちは大好きであります。この音につきまして、出来ればオーディオ・マニアの方の意見も聞いてみたいところであります。
スポンサーサイト

Categorieアフリカ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL