2017’07.18・Tue

R.E.M. 「AUTOMATIC FOR THE PEOPLE」

prem009.jpg

 前にベスト盤を取り上げて以来、R.E.M.史上で最も美しいと言われるこの1992年盤を聞いてみたいとず~っと思っていたのですが、ラッキーな事にブックオフの280円棚で発見致しまして、喜んでゲットした次第であります。これまでこの盤だけは、安棚どころか普通の値段の棚でも見かけることがありませんでしたからね~。とりあえずは早速ウォークマンに落として、通勤の時に聞いてみたのであります。すると・・・ありゃりゃ、コレってそんなに良いか?って感じなんですよね~。

 マイケル・スタイプって、元々抑揚の無いお経みたいな歌を歌う人ですが、ウォークマンで聞くとそれが一層強調されると言いますか、聞いている内にこの平板な歌が段々とイヤになって来るのであります。曲自体はイイ感じなんですけど、音も何だかショボく聞こえますし、何よりもこの歌声で全てが退屈に聞こえて来るって感じなんですよね~。え~、こんなのがR.E.M.史上最も美しいと言われる盤なの?最近はすっかりとR.E.M.のことを見直していたのに、何だか水を差された感じ~。しまった、こんなのなら聞かなきゃ良かった、などと思ったワケでありますよ。

 ところが!であります。試しに家のDVDプレーヤーに盤を放り込んでスピーカーで再生してみると、めっさエエじゃないですかコレ!ガッツリとストリングスを使ったアコースティック・タッチの音作りが実に繊細な響きで、平板な歌に彩りを与えているんですよね~。如何にもスティール弦を弾いていますというアコギの音も実にイイですし、ボトムを支えるチェロの音も地味ながらドーンと出て来ます。根幹を為すバンド・アンサンブルも、何と言いますか、どっかの木造の小屋で一発録りしたような空気感を持っていて実にカッコ良く、思わず聞き惚れてしまいますね!音がコレだけ良いと、聞こえて来る音楽の印象も当然全く違って来るってモンであります。平板な歌にも優しげな表情が出て来ましたし。なるほど、R.E.M.史上最も美しい盤と言われる理由がわかったような気が致します。へ~、ウォークマンで聞くのと全然違うじゃん。

 別にわっちはオーディオマニアでも何でもないですけど、再生装置によってこれだけの印象の違いが出て来ますと、ある程度はシッカリと音を再生出来る装置で音楽を聞く必要があるのかな~って思いますね。まあわっちの部屋の装置はDVDプレーヤー、アンプ、スピーカー全て合わせても5万円ちょいで、皆様が使用されている装置とは比べ物にならない程の安物だと思いますが、わっちの安い耳が満足するだけの音は出してくれますし、多分マトモな音を出しているんだと思います。あ、別にウォークマンの音が悪いってことではなくて、向き不向きがあるってことなんだと思いますけど、音楽の特性に合っていると自分が感じられる装置で再生するのって、もしかしたら結構大事なことなのかな~なんて思う、今日この頃なのでやんす。とりあえずわっちの部屋の装置は、わっちにとっては素晴らしく良い音を出してくれております~♪オーディオ・マニアからすれば、クソみたいな音なのかもしれませんけど。
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL