FC2ブログ
2017’07.24・Mon

JEAN-PAUL BOURELLY & THE BLUEWAVE BANDITS 「BLACKADELIC-BLU」

pjeanpaulbourelly002.jpg

 前にジャン・ポール・ブレリーの1988年のデビュー盤を取り上げた時に、ブログ仲間のBACH BACHさんがブレリーの2枚目のアルバムが良いとのコメントを下さいましたので、機会があれば是非聞いてみたいな~と思っておりました。で、ある時ブックオフの安棚の洋楽の「J」のところをツラツラ見ていると、ブレリーの名前が目に飛び込んで来ました!「おおっ、ブレリー盤やんけ!」と思って取り出してみると、それは2枚目ではなくて1994年の(多分)5枚目の盤でありました。とりあえずブレリー盤ですので、ゲットしてみた次第であります。

 前に取り上げましたデビュー盤は、野獣の如きパワーが噴出して来るエネルギー大爆発の素晴らしい盤でありましたが、今回の盤は随分大人しくなったな~って感じがしますね。勿論エネルギーは十分に感じられるんですけど、理性的にコントロールしているような感覚がありますし、ギター弾きまくりは控えて、その代わりにヴォーカリストとしての自分を前面に押し出して来たような印象を受けます。ビートは図太いんですけどかなり機械的な感覚がありまして、ロックとかファンクとか言うよりも、寧ろヒップホップとかハウスとかに近くなって来たような気がします。へ~、あのブレリーがこんな演奏をするなんて、人って変われば変わるモンなんですね~。ぶっちゃけ、デビュー盤の方が好きですけど。

 な~んてことを、ウォークマンに落とした音源を聞いていて思っていたワケでございますが、試しに部屋のステレオで聞いてみますと、これまた随分と印象が変わって来ますね。機械的に聞こえたビートは、機械的ではあっても図太いベースと相俟って実に有機的に聞こえますし、ヒップホップとかハウスに近付いてはいても、やはり基本はファンクでロックというのが伝わって来ます。その辺のミクスチャー具合は、表現方法は変わったとしても、ブレリーらしいのかな~って気はしますね。それにしても再生装置で印象が随分と変わって来るなんて、イイんだか悪いんだかよくわかりませんけど、もうちょっと何とかならんかな~って気がしますね。まあウォークマンにはMP3で収録されていて、情報量としてはCDそのものよりもかなり減少していますから、違って聞こえるのは当たり前っちゃあ当たり前なんでしょうけどね~。

 う~む、やっぱり折角音楽を聞くなら、もっとちゃんとCDに収録された情報に近いモノを聞きたいな~って思いますね。まあウォークマンに落とす時に、MP3じゃなくて何ちゃらいう形式で落とせば情報の圧縮が無くて音が良いという話は聞きますけど、そうすると落とせる枚数が少なくなってしまいますしね~。まあウチのステレオがどれだけの音を再生しているのかは、他の装置と比較した事がありませんのでよくわかりませんけど、一度他のブロガーの方々がどんな音で音楽を聞いておられるのか是非試聴させていただきたいな~などと感じてしまった、今回のブレリー盤なのであります。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL