FC2ブログ
2017’07.26・Wed

JUNE TABOR 「ROSA MUNDI」

pjunetabor005.jpg

 英国の超大物トラッド歌手ジューン・テイバーの、2001年のアルバムであります。ブックオフの500円棚で発見致しましたが、ジューン・テイバーのブツなんて新品でも中古でも普段見かけることは全くありませんから、ブックオフの安棚で見つかるなんて思ってもいませんでした。ありがたくゲットさせていただきました~♪とは言っても、わっちは特にこのオバハンのことが好きなワケではありません。だって若い頃から現在に至るまで、常にババアだし。まあババアではありますが、めっさイイ歌手であることに間違いはありませんけどね。

 皆さんご存知だと思いますけど、テイバーの歌っていつでも常に安定していて全くブレることがありませんので、どの盤を聞いても安心のテイバー印とでも言いますか、どれを聞いても間違いは無いと思います。もし興味がおありの方がいらっしゃったら、見かけたどの盤でもOKですので入手されることをお薦め致します。どれを聞いても、英国トラッドらしい仄暗い雰囲気の楽曲を、落ち着き払った深みのある低い声で淡々と歌い聞かせてくれることと思います。勿論今回の盤も全くその通りの歌を聞かせてくれるワケでありますが、あまりにいつも通りのテイバー印ですので、面白味にもスリルにも欠けるというのが正直なところでございます。しかし、考えてみれば若い頃から現在に至るまで変わらない歌を聞かせ続けているというのは、実は本当に凄い事であります。絶対に期待を裏切る事が無いワケですからね~。

 今回の盤もいつもの如く、どの曲を聞いても同じように聞こえるバラッドだらけのバラッド盤でありまして、じっくり聞いていると段々と眠くなって来ますので、寝る時に流すには良いかもしれません。でも聞き慣れていない人に取っては、この人の歌声って結構な迫力や凄みが感じられたりしますので、取り憑かれるように聞いてしまって全然眠れないなんてことになってしまうかもしれません。服用の際は使用上の注意をよくお読みの上(?)、自己責任で使用するかどうかを決めて下さいね。真面目な音楽リスナーの方は、寝る時に流すとかじゃなくて、オーディオの前でジックリとこの人の歌に対峙した方が良いでしょう。「ジューン・テイバーって凄過ぎる!」なんて、きっと打ちのめされて寝るどころではないと思いますので。わっちみたいなテキトーな音楽好きであれば、「あ~、エエ歌やな~」って感じでめっさ寝れますよ~♪

 まあ真面目な話をすると、ジューン・テイバーという歌手は、英国ポピュラー音楽史上最高の女性歌手と言われるサンディ・デニーとか、妖精アン・ブリッグス、飛ぶ鳥を撃ち落とす歌声と言われたフランキー・アームストロングなんかと並べても、全く引けを取らないホンモノ中のホンモノの歌手であります。わっちの大好きなケイト・ラスビーなんかでさえも、まだまだテイバーの域には達していないワケでありまして、今後英国でこれ程までに優れた歌手が出て来るのかどうか、甚だ疑問ではあります。テイバーもそろそろ70歳ですし、テイバーを聞くなら今の内って気もしますので、興味がおありの方は是非お早めにどうぞ~♪
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL