FC2ブログ
2017’09.17・Sun

CHAY 「CHAY TEA」

pchay002.jpg

 日本のシンガーソングライター、チャイの今年発売の2枚目のアルバムであります。前作はわっちの年間ベスト10に入賞していますので、個人的には待望の2枚目ですね~。シンガーソングライターと言う割にはあまり自作曲が無い・・・とはあまり言わないように致します。スタッフに恵まれて温故知新タイプの良い曲が集まって来る人ですから、まあ良しとしましょうね。今回も前作同様に多保孝一とタッグを組んでいますので、それだけで曲のクオリティはある程度保証されたようなモンですしね~。良い曲が聞ければ、自作だろうが他人の作だろうがどっちだってイイんですよ。

 ところでこのチャイという歌手は、ルックス的にはジャケを見ればわかる通り間違い無い美人さんでありまして、このルックスに騙されて(?)聞いてしまう人も多いかと思われます。ただ、この人の歌って結構好き嫌いが分かれると思うんですよね~。わっちみたいに好きな人はめっさ好き、嫌いな人は受け付けないという、そういうタイプの歌手であります。と言いますのも、歌声がルックスに似合わない、響き成分の少ない乾いたハスキーなカスレ声だからであります。良く言えばカッコいい声、悪く言えばガサツな声ってことになりますかね~。どっちの受け取り方をするかで、この人の評価は大きく変わると思います。わっちはどちらかと言えば、実はガサツな声という解釈だったりして・・・。でも聞き慣れてしまえば親しみやすい声だと感じられますし、聞けば「あ、チャイの歌だ!」なんてすぐにわかる特徴的な声なのは、歌手として良いことではないかと思っております。

 まあ歌の好き嫌いは分かれるでしょうけど、温故知新タイプのミラクル・ポップな楽曲群は、音楽好きには必ずや響くモノがあると思います。とにかくこのチャイという人には、何故だか良い曲が集まって来るんですよね~。タッグを組んでいるのがスーパーフライの多保孝一で、温故知新タイプのポップスを書くのが得意な人ですから、当然っちゃあ当然であります。しかしこれだけポップな美メロの曲が揃うのは、チャイの人徳に拠るところが大きいという気がします・・・って、どんな人柄なのかは全く知りませんけど、人を「その気にさせる」可愛らしいタイプなのではないかと妄想致します。何にしても前作を凌ぐ楽曲群の充実振りには、驚きますよ!

 贅沢を言えばコレで歌声がもっと可愛らしければな~ってことになりますが、それは言いますまい。だってコレがチャイの歌ですしね~。それにこれだけウルトラポップな曲を聞かせてくれたら、ポップス好きのわっちには十分であります。前作に引き続いて今回も間違い無く傑作。やっぱりチャイは素晴らしいですね!ただ、吉田拓郎の「結婚しようよ」のカバーは要らないんじゃないですかね~。良い曲なのは間違い無いんですけど、ココで取り上げる必要ってありますか?荒井由実の「12月の雨」のドンピシャなハマり具合に比べたら、ちょっと不用意だったかも?なんて気がしたりして。まあそれでも紛れもない傑作ですけどね~♪JYの大傑作盤と並ぶ、今年屈指のポップス盤であります!
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL