FC2ブログ
2017’10.17・Tue

家入レオ 「WE」

pieirileo004.jpg

 わっちは大変な事に気付いてしまいました・・・って、そんなに大変なワケでもないんですけど、実は家入レオの昨年発売のこのアルバムを取り上げるのを忘れていたんですよね~。これで確か4枚目のアルバムかと思いますが、間違い無くこれまでで最高の仕上がりになっていますので、わっちはかなり好きなアルバムなんですよ。ウォークマンとか自分の部屋の再生機器で聞いていてもイイ感じですし、特に車の中で流すのには実に良いのであります。スピード感のある軽快なロックですので、ドライブにピッタリと合うんですよコレが。車の中ではこの盤と山本彩の盤を流している事が結構多いのであります~♪

 今回のアルバムでありますが、これまでは西尾芳彦というおっさんと二人三脚でヤッテ来たレオちゃんが、スーパーフライの多保孝一をメインの作曲とプロデュースに迎えたという心機一転の作品でありまして(西尾のおっさんと組んでる曲もありますけど)、それが大吉と出た仕上がりになっていると思います。吊り上がった眼にますます顔が丸くなって来て顔のバランスはどんどんおかしくなっているレオちゃんですが、それに反して(?)歌の方はどんどん良くなって来ていて、若手女子の中でもピカイチという存在になって来たと思います。このボログでレオちゃんの1枚目を取り上げた時に、わっちは「もっと歌い込んで硬さが無くなって来たら、イイ感じの歌になるのは間違いない」と断言しましたが、まさにその通りになって来ていてめっさ嬉しいです~♪

 そして、この柔らかくなった歌声に多保孝一のポップな楽曲がめっさハマってるんですよ。多保孝一ってスーパーフライみたいな70年代ハードロック的な曲を書く人と思われているかもしれませんけど、チャイの作曲やプロデュースなんかもヤッテいる人ですので意外にめっさポップなオールディーズ的な曲も書きますし、このアルバムで聞ける明快で快活なギターロックも書けますし、なかなかに多才な人ですよね~。そんな多保孝一の楽曲を歌うレオちゃんは水を得た魚状態と言いますか、本当に活き活きと輝いていると感じられます。西尾のおっさんとのコラボも良かったですけど、今回は多保さんと組んで本当に大正解でしたね~♪

 とにかく曲も歌も素晴らしく輝いているこの盤でありますが、わっちが一番好きなのは「そばにいて、ラジオ」という曲でありまして、実は昨年の個人的ベスト10盤を作成した時にラストに入れたのがこの曲なんですよ。キラキラと輝くようなエレキギターの音が印象的なフォークロック調の曲で、伸びやかで楽しそうな表情が見えて来るレオちゃんの歌声も最高で、もう「ど」が付く位にハマってしまったんですよね~。レオちゃんの歌には良い曲が多々ありますけど、その中でも最高の部類に入るんじゃないかと思っております。そんな素晴らしい曲を擁するコチラの盤、元気が足りないみたいな批判をしている連中もいますが、間違い無く現時点でレオちゃん最高の盤に仕上がっております。聞く価値は十分にあると思いますが、いかがでしょうか?
スポンサーサイト



Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL