FC2ブログ
2017’11.24・Fri

BIG COUNTRY 「THE CROSSING」

pbigcountry001.jpg

 先日アラームの盤を取り上げた時に、英国のロックバンド、ビッグ・カントリーの1983年のデビュー盤を探し続けていると言いましたが、その後案外簡単に見つかってしまいました。ブックオフの500円棚にヒッソリと佇んでいるのを発見し、喜んでゲットした次第であります。めっさ嬉しい~♪ビッグ・カントリーと言えば日本では「イン・ア・ビッグ・カントリー」1曲だけの一発屋と思われていますが、ぶっちゃけ、わっちもその通りだと思っております。でも本国では地道に活動を続けて、良質なアルバムを出し続けたらしいですね、聞いたことが無いのでよくわかりませんけど。しかしその後ヴォーカルのおっさんが首吊り自殺をして、バンドは解散に追い込まれてしまいましたよね~。でも残されたメンバーで復活したらしいですけど。

 正直言って、わっちはこの連中の熱心なファンとは全く言えませんし、以前持っていたこのアルバムも一度売り払ったぐらいですから、どっちかと言えば何の思い入れも無いワケであります。しかし、やっぱりと言いますか、1曲目に入っている「イン・ア・ビッグ・カントリー」ですよ。この曲だけは好きで好きでたまらなくて、どうしてもまた聞きたくてこの盤を探していたというワケであります。とにかくめっさ良い曲ですよね、この曲って。一般的にはハードロックとスコットランドの伝統音楽が融合した曲と評されていますが、確かにその通りだと思います。もう何もかもがカッコ良くて、中でもバグパイプを模した音を出すギターが超絶カッコいい!聞いていると猛烈にテンションが上がる、80年代英国ロックを代表する名曲中の名曲だと思いますね~♪

 まあこの1曲だけがやたらと強烈に印象に残るのは仕方ないことではありますが、アルバムをよく聞いてみますと、意外に(?)他にも良い曲が揃っているのに気付かされてしまうのでありました。そりゃあ「イン・ア・ビッグ・カントリー」級の曲ではありませんけど、地味~にカッコいいスコティッシュ・ハードロックが炸裂しまくっているんですよね~。スコティッシュらしい哀愁漂う旋律と勢いに溢れる演奏は、地味ではあってもジンワリと伝わって来るモノがありまして、切々としていて実は熱いヴォーカルと相俟って、上質なスコティッシュ・ソウル・ミュージックに仕上がっているように感じられます。う~む、素晴らしいではないですかビッグ・カントリー!

 実はこのアルバムって、ウォークマンに落としてイヤホンで聞いている時はあまりパッとしなかったんですよ。ところが部屋のステレオで聞いてみますとめっさイイ感じで聞こえて来まして、印象がガラリと変わってしまったんですよね~。ステレオでスピーカーから音を出した方が圧倒的にイイ音に聞こえまして、流石に携帯音楽再生装置で聞かれることを前提としていなかった時代の音楽というのは、ちゃんとスピーカーから音を出した方がイイんだな~って気がしますね。プロデューサーはあのスティーヴ・リリホワイトですし、エエ音作ってると思います。改めて認識しましたけど、名盤だと思います~♪
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL