FC2ブログ
2017’12.19・Tue

HI-FI THAI COUNTRY

phifithaicountry001.jpg

 というワケで(?)、棚から引っ張り出してきましたよ「HI-FI THAI COUNTRY」を。BAICHASONGレーベルの作品の中では最も評判になった盤でありますが、同レーベルのウップイップ盤があまりイイ感じに聞こえませんでしたので、数年前にゲットしていたのに殆ど聞かないままになっていたこの盤を、棚から引っ張り出して来たのであります。確かウップイップ盤と同じような音楽性だったよな~とか思いながら。一番評判になった盤が耳に響かないようであれば、このレーベルとわっちの相性が悪いんだろうということで、諦めも付きますし(何の諦めじゃ?)。

 などと考えながら聞いてみたこの盤、めっさ良いではないですか!曲によって男が歌ったり女が歌ったりするんですけど、それが作品全体に勢いを与えていると言いますか、目先が次々に変わってバラエティ豊かに感じられるのがよろしいかと思います。まあ言って見ればコンピレ盤みたいな感覚でして、わっちは基本的に色々な歌手の寄せ集めのコンピレ盤って好きではないんですけど、この盤は統一された音楽性でビシッとした筋が通っているのが良いかと思います。その音楽性というのが、BAICHASONGの専売特許(かどうかは知りませんけど)であります、ちょいとジャジーな感覚のある懐古調のノスタルジックな歌謡であります。

 しかしその音楽性はウップイップ盤と同じでありまして、それなら何故ウップイップ盤がイマイチで、この盤がめっさ良いかってことになりますけど、それは一言で言うなら「タイらしいクセ」ということになりましょう。ウップイップ盤は極力タイらしいクセが抑えられていましたけど、今回の盤に収録されている曲はルークトゥンとかモーラムなんかの要素もたっぷりと入っていまして、実にタイらしいクセが満載なのであります。しかも歌手達の歌い口はコブシを回しまくっていますしね~。言ってみれば、めっさイイ音で演奏しているジャジーなノスタルジック・ルークトゥンって感じでありまして、そりゃあ面白くて当然でしょうよ!という音楽なワケでございます。ウップイップは元々ロックバンド出身ですからルークトゥンみたいな歌は歌えないですし、だからこそ良いって場合もあると思いますけど、今のわっちにはパクチーとかナンプラーとかのクセがシッカリとあるタイ料理の方がイイって感じなんですよ。

 なるほどね~、ちゃんと聞いてみると、この盤は評判になって当たり前という仕上がりですね。ターイ・オラタイとかタカテーンなんかには見向きもしなかった人の耳を惹き付けただけのことはあります。最近のルークトゥンがお好きな人よりも、メーマイプレンタイ・シリーズなんかの方がお好きな人向けの音楽ですが、タイ音楽に興味がある人になら誰にでもオススメ出来る、めっさクオリティの高い盤だと思いますね~・・・なんて、既にご存知の方からすれば「今更何を当たり前のこと言っとんねん」って感じでしょうけど、わっちにとっては今更ながらの発見盤。ウップイップのお陰で棚から引っ張り出して来たワケですから、ウップイップに感謝しなければなりませんね!
スポンサーサイト



Categorieタイ  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL