FC2ブログ
2018’01.11・Thu

KOOL AND THE GANG 「THE BEST OF KOOL AND THE GANG 1969-1976」

pkoolandthegang001.jpg

 先日ブックオフをブラブラしていたら、280円棚にメリケンの黒人バンド、クール&ザ・ギャングのベスト盤があるのを発見致しました。この連中の名前は昔から知っているものの、黒人のバンドということ以外は何も知らなかったんですよね~。これまで殆ど全く聞いた覚えが無くて、わっちは勝手にこの連中ってスウィート・ソウルのコーラス・グループだと思っておりました。しかし聞いてみてビックリ、インスト主体のジャズ・ファンク・バンドだったんですね~。

 このブツにはバンドとしては初期の音源が収録されておりまして、調べてみると初期の頃はリード・ヴォーカルがいないインスト中心のバンドだったんだそうです。その後リード・ヴォーカルを迎え入れて、段々とディスコ・ポップスみたいなバンドに変貌して行ったとか。なるほど、だったらわっちがこの連中をスウィート・ソウルのグループと思っていたのも、あながち間違いではないか(?)。今後はディスコ・バンドに変貌した頃の音源を聞いてみる必要がありそうですが、まずはコチラの初期音源であります。聞いてみますとこの盤、何だかめっさ心地好いんですよね~。元々わっちはジャズ・ファンク系の音楽って好きなんですよ、フィリピンとかインドネシアのこの手の音が好物なもんで。それにこの連中の音って、脂でギットギトみたいな感じがあまり無くて、どちらかと言えばポップス的なライト感覚な音ですので、スッキリとしていて聞きやすいのであります。

 もしかしたら全然的外れなことを言っているかもしれませんけど、わっちはこの盤を聞いていると、ダラー・ブランドの南アフリカ録音盤(アフリカン・サンとか)を思い出してしまうんですよね~。ポップス的な親しみ易さと大らかな温か味が感じられると言いましょうか、楽しそうにグルーヴを紡いでいるのが見えて来るような演奏と言う気がしまして、実にいい湯加減の風呂に浸かっているような気分にさせてくれる音楽なのであります。通勤の時なんかに聞くと、何だかホンワカ癒される~って感じですね。しかも文句無しにめっさカッコいいですし。この盤には全16曲入っていますけど、こんなステキ音楽だったら、倍の32曲入りでも飽きずに聞けると思います~♪

 コレだけイイ感じの音楽であれば、何だかディスコ・バンドに変貌してしまった時期の音源なんて聞く気も無くなって来るのでありますが、もしかしてこのカッコ良さを持ったままディスコ音楽をヤッテいるのでしょうか?だったら聞いてみたいという気もします。まあYOUTUBEとかで試聴してみれば話は早いんでしょうけど、わっちのオンボロパソではYOUTUBEは全く再生出来ませんので、どうしようもないんですよね~。まあブックオフの安棚でその時代のブツに出会えることを、気長に待つしかないですね・・・。
スポンサーサイト



Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL