FC2ブログ
2018’02.21・Wed

「河北新報のいちばん長い日」を読みました!

pkahokusinpo001.jpg

 東日本大震災関連の本の中で評価が高いということで、この本をゲットしてみた次第であります。わっちは新聞を購読していませんので、新聞の意義なんてあまり認識はしていないんですけど、この本を読んでちょいとだけ認識を改めたりして?

 人って自分が現在どのような状況にあるのか、出来るだけ正確に知りたいものだと思いますが、特に大震災のような異常事態時は何もかもが破壊されてしまって、何もわからない状況になってしまいますよね。そんな中で河北新報という地方新聞が、自分達も被災者の立場でありながらも、他の被災した方々の為に現状を知らせるという大きな役割を果たしたワケですよ。電気・ガス・水道等のライフラインがストップして不安極まる状況の中、河北新報は現在の状況を知る為の拠り所となったのであります。報道する立場としての使命感とか、被災した方々を直接救出できない無力感等々、河北新報の社員の方々の中にも色々な感情は渦巻いていたとは思いますが、被災した方々の為に情報を提供し続けたその姿勢には敬意を表したいと思います。

 わっちは新聞なんか購読せずにメールやネットなんかで情報を得ておりますけど、ライフラインが寸断された状況ではメールもネットもあったモンじゃありませんし、紙媒体の強さというモノを改めて実感させられた次第でございます。そう、ネットでダウンロードよりも、CDとかLPとかのフィジカルの方が強い、そういうことでありますよ(何じゃそりゃ?)。
スポンサーサイト

Categorie  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL