2018’03.25・Sun

サイレント・サイレンのライヴ2018年3月22日その2

psilentsiren019.jpg

 さてさて、昨日は突然の思いつきで鹿児島まで車をぶっ飛ばして花見に行って来ましたが、途中の熊本は満開の地域が多かったものの、鹿児島は既に散り始めからスッカリ散ってしまったところが多く、ちょっと残念な感じになっていました。まあ念願の霧島神宮に行けましたし、鹿児島限定の芋焼酎なんかもゲットして来ましたからOKなんですけどね~。福岡はまだ咲き始めって感じで、今週中には満開になりそうですね。というワケで(?)、サイサイのライヴネタの第2弾であります。

 「メリーゴーランド」、「KNiFE」と続いて会場は大盛り上がり。4曲目の「パパヤパヤパ」から「女子高戦争」になだれ込む辺りで序盤のピークを迎えた感じだったのですが、わっちはあることが段々と気になって来たのでありました。それは何かと言いますと、ドタバタとしたひなんちゅのズンドコ・ドラムのもたつき具合であります。本人が一生懸命叩いているのはわかるのですが、ビート感が何だかもっさり(?)しているんですよね~。こういうのを聞くと、スキャンダルのビート感覚とかリナりんのドラムって凄いよな~などと、改めて実感したりして。ひなんちゅはまだまだ修行が必要だと感じますが、でもカワイイから許す。

 で、もっと気になったのが、「恒例」だというサイサイ・コーナーであります。メンバー4人が料亭とスーパーの明太子を食べ比べて、どっちが料亭のモノなのかを当てるというゲームだったのですが、要るか?このコーナー。しかもめっさ長いし。結果はひなんちゅが1人だけ外して、罰ゲームとしてサンシャイン池崎の恥ずかしいモノマネをヤッて、会場は大盛り上がり。すぅが大爆笑していましたけど、わっちとしては半分ぐらいの時間にしてくれへん?って感じです。それにひなんちゅがガニ股開いて「空前絶後の~!」なんて叫んでいる姿を見たいとは思いませんでしたしね~。何だか仲間内だけで盛り上がって楽しいみたいな感じで、わっちはスッカリ取り残されてしまった気分~♪

 グダグダのサイサイ・コーナーが終わって演奏が再開になったのですが、途中ですぅのギターの音がすぅーっと小さくなった?と思ったら、袖からスタッフがコソコソ出て来て、演奏中なのにすぅが弾いているギターを横からいじったり(ヴォリュームのつまみを動かしてたみたいです)。曲が終わってスタッフ数人が出て来て、ギターを取り替えたりケーブルを繋ぎ直して機材を調整したり。その間再びメンバーのグダグダなトークが!過去にヤッタ罰ゲームを振り返るコーナーになって、ゆかるんやあいにゃんが以前福岡ライヴでヤッてダダ滑りしたネタを披露したり。まあ機材トラブルですから、繋ぎとしてこういうネタをヤルのは仕方ないでしょう(もしかして予定された機材トラブルとか?)。

 再び演奏が再開されて、そこからは怒涛のアゲアゲ・ナンバーから「さよなら日比谷」、「AKANE」なんかのシットリ・ナンバーまでガンガン演奏しまくり状態。アゲアゲ・ナンバーではどうしてもひなんちゅの「もたつきドラム」が気になりますが、「チェリボム」や「フジヤマ・ディスコ」の破壊力はライヴならではのモノがありますね。ただ、わっちとしましてはシットリ・ナンバーの方がこの連中には向いているのかな~って気がしてしまいました。ひなんちゅのもたつきが気にならないというのもありますけど、すぅのアニメ声って結構切ない響きを持っていて、ちょいと湿った歌謡性がある曲の方がスンナリと耳に入って来るように感じられますので。

 結局今回のライヴで何曲ヤッタとかセット・リストがどうだったとかは、途中のサイサイ・コーナーとか機材トラブルなんかで間延びした分ワケがわからなくなったので、よく覚えていません。最後までお目当てのあいにゃんのベースは聞こえにくい状態でしたが、すぅは意外にシッカリとギターを弾いていて良い音を出していましたし、ゆかるんが小動物みたいにチョコマカと動き回って盛り上げている姿も可愛らしく、全体的にはサイサイらしいライヴになっていたのかな~って気がします。ただ、個人的にはスキャンダルに続くNO.2のロックバンドだと認識しておりますが、ライヴ・アクトとしてはまだまだスキャンダルには及ばないかな~と思う今日この頃。

帰りにもらったカード。わっちのはゆかるん版でした。
psilentsiren020.jpg
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
機材トラブルは残念でしたね。私の見た横浜もたぶん爆音だったかもしれませんが、見た位置が完全にPAから外れてたので、音小さい?と感じたくらいでした。
サイサイはこの先もスキャンダルほどの演奏力には達しないんじゃないですかね。やたら良い曲をドタバタと拙い演奏で聴かせる、なんか80年代のニューウェーブ・バンドを見るような感じで楽しむのが正しいかと。あんまり上手いとよくあるポップ・ロックになっちゃう気もするので。
でもスキャンダル同様、音楽にしか興味ない身としてはトークコーナーは一刻も早く廃止してほしいです。

Astral:2018/03/25(日) 14:21 | URL | [編集]

>Astralさん
こんばんは。
機材トラブルが無ければ無駄な(?)トークがもう少し減って印象も違ったかもしれませんが、まあ何をヤッテもカワイイから許します。
おっしゃる通り、今後もサイサイはスキャンダル程の演奏力には達しないと思います。本人達もそこを目指してはいないでしょうし。ただ、ひなんちゅはもう少し上手くなって欲しいです。ドタバタが芸の域に達するのなら別ですが。まあスキャンダルとは全然違ったバンドですし、良い楽曲と愛嬌で勝負する方向性で正解なんだと思います。
あと、ワタクシはトークコーナーは別にあっても良いかと思いますが、長過ぎるのはダレますし、変なゲームは不要だと思っております。

ころん:2018/03/25(日) 22:45 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL