FC2ブログ
2018’05.20・Sun

広沢虎造 「広沢虎造大全集7 清水次郎長伝 為五郎の悪事、追分三五郎」

phirosawatorazo001.jpg

 先日、わっちの嫁さんの父親が相模太郎という浪曲師の演目を聞きたがっている、なんて書きました。その後相模太郎のブツを探しているのですが、タワレコだのブックオフだの色々なところを探しているのですが、全く見つかりません。まあブツを持っている人は本当に好きな人だけでしょうから手放すはずがありませんし、だったらブックオフなんかに出てくるワケがありません。だからって新品で浪曲を置いているような店もありませんし、これは探し出すのに苦労しそうな感じであります。などと思っていたら、ブックオフの280円棚に二代目広沢虎造のブツがありましたので、試しに買ってみたのでありました。

 この盤の演目は「清水次郎長伝」の一部でありまして、次郎長伝はCD7枚にも及ぶ演目であります。清水次郎長という名前は知っていますが、どんな話なのかは全く存じませんし、義父が好きな浪曲ってマトモに聞いたことがありませんので、興味津々で聞いてみた次第でございます。そんなワケで初めてちゃんと聞いた広沢虎造の浪曲でございますが、コレは実にイイですね!浪曲って、バックに三味線がちょろっと入って来るだけで、基本的には語り芸であります。ただ、語り芸とは言っても落語みたいな本当に喋りだけの芸とは根本的に違っていて、歌うように語るといいますか、語りの中にある「節」と言うのか「調子」と言うのかは知りませんけど、語りと歌との境目が曖昧で実に音楽的に感じられるんですよね~。その独特さ加減が実に興味深いですし、そんな独特な節を南アフリカのマハラティーニみたいな強烈なダミ声で語るワケですから、思わず聞き入ってしまうのであります。

 とは言え明確なメロディがあるワケではありませんので、単調っちゃあ単調なんですけど、語りの表情とか声の調子なんかが実に豊かですから、意外に飽きること無く聞き続けることが出来ると思います。これだけ聞きどころが多いと、とりあえず次郎長伝のCD7枚を全て聞いてみたくなって来ますね~。まあそんなブツが揃うかどうかさえわかりませんけど、地道に探し続ければいずれは見つかるかな?
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ご無沙汰してます、お元気でしたか?

二代広沢虎造の清水次郎長伝、僕は全集持ってますよ!大ファンです。

ところで、僕が持ってるCDは、全13巻です。13まで聴いても物語が終わらないので、この先の録音がないのかと思っています。追分三五郎のくだりは終盤だと思うんですが、今だと七枚で完結のものが出てるのでしょうかね。

Bach Bach:2018/05/20(日) 22:58 | URL | [編集]

>Bach Bachさん
こんばんは。今のところ元気にしておりますよ!
虎造さんの次郎長伝全集をお持ちとは素晴らしい!ワタクシも揃えてみたいな~♪
今回の盤は全20枚のシリーズの内の1枚かと思いますが、もしかしたら次郎長伝の一部分が7枚に入っているのかもしれません。ワタクシも詳しいことはよくわからないのであります。

ころん:2018/05/20(日) 23:22 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL