FC2ブログ
2018’06.17・Sun

谷山浩子 「ボクハ・キミガ・スキ」

ptaniyamahiroko003.jpg

 不思議系シンガーソングライター谷山浩子の、1991年発売のアルバムであります。コレが何枚目の作品なのかはよく知りませんが、70年代から活躍している人ですから結構な枚数を重ねているのでしょう。この盤は先日関西に行った時に心斎橋ブックオフの500円棚で見つけたのですが、谷山さんの盤がブックオフの安棚で見つかるなんて滅多にありませんので、「おおっ、珍しいモン発見!」って感じで喜んでゲットした次第であります。

 ところで、わっちにとっての谷山さんの最高傑作盤は「空飛ぶ日曜日」でありますが、実は80年代までの谷山さんしか存じませんので、さてさて、この90年代初頭盤は一体どんな仕上がりなのか興味津々なワケであります。ちょいと検索してみると、この盤を谷山さんの最高傑作に挙げておられる方も結構いらっしゃるようで、ますます興味が湧くじゃないですか!

 てなワケでワクワクしながら再生してみましたコチラの盤、相変わらずクオリティがめっさ高いですね~♪クオリティが高いというのは、音楽的に及び音質的にという両方の意味であります。まずは聞けばすぐにわかることですけど、谷山さんの盤ってとにかく音質がイイんですよ。おそらく音響の隅から隅まで気を使っているのでありましょう、各楽器の音がシッカリと分離していて定位がハッキリとしています。位置的にココにこの楽器が配置してあるというのが手に取るようにわかる音作りは、本当に凄いと思います。谷山さんの音楽をプログレと評する人がいらっしゃるのもわかる気が致します。6曲目の不穏で怖い「不眠の力」なんかを聞けば、プログレマニアは大喜びなんでしょうね~。

 そして音楽的にも谷山ワールド全開で、相変わらず「みんなの歌」的なポップで可愛らしい曲もあれば、ゾッとするような不気味で不穏な曲も入り混じっております。一体この人は「どっち側の」人間なのかさっぱりわかりませんけど、この凡人には理解し難い極端な二面性が、谷山ワールドなのでありますよ。今回の盤はどちらかと言えば不気味系に傾いている印象はありますが、音やメロディはとにかく美しいですし、やっぱり抗えない魅力があるんですよね~。最初から最後までピリッとした緊張感が続きまして、思わず姿勢を正して一気に全部聞いてしまうって感じです。途中下車を許さない求心力があるとでも言いましょうか、蟻地獄のようなパワーを天然で発揮している人だと思います。

 まあ聞いていると息苦しさを感じさせるようなタイプの作品ですので、そんなに頻繁に聞きたくなる盤ではありません。しかしこれだけクオリティの高い作品を出し続けている人ってそういませんし、日本だけでなく世界中の音楽界の中でも非常にユニークで稀有な存在かと思います。わっちの勝手なイメージとして、谷山さんに並ぶ存在だと思われるのは、ケイト・ブッシュ(めっさ苦手!)とかフィリピンのシンシア・アレクサンダーなんかですかね~。ぶっちゃけ、この盤は凄い傑作だと思います。でもそんなに気軽に頻繁に聞ける盤じゃありません・・・。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(2) TOP

Next |  Back
ころん 様

これって、谷山さんが唯一無二の存在であることを改めて思い知らされるような作品ですね。
「催眠レインコート」とかは、谷山さんでなければ書けない曲だと思いますし、可愛い曲調の「コットン・カラー」が実は恐怖の歌だったりとか、もう谷山ワールド全開の怪作といって間違いありません。
谷山さんに比べたら、ケイト・ブッシュなんて可愛いもんです(笑)。
あまり売れないことで定評のある(汗)彼女のアルバムですが、本作は2万枚以上のセールスを記録したようです。

P.S.
日本勝ちましたね!
相手が10人とはいえ勝ち点3は大きいですよね~。
ただ、途中出場の本田の出来は良くなかったので、今後は出番がへるでしょうね。

おやぢ:2018/06/19(火) 23:17 | URL | [編集]

>おやぢ様
こんばんは。
おっしゃる通りこの盤は谷山ワールド全開だと思います。曲も音も文句無しですしね~。充実の一枚でありますが、2万枚以上も売れたのですね。谷山さんにしては、大ベストセラーかと思います。

奇跡的に日本が勝ちましたね!まあ奇跡でも何でも、とにかく勝てばOKだと思います。負けたら意味がありませんからね。セネガルはポーランドに勝ちましたし、グループHはますます面白くなって来ましたね!
本田は出なくて良いと思いますが、2点目が入ったのは本田のおかげでもありますし、何か「持っている」選手なのかもしれません。

ころん:2018/06/20(水) 22:55 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL