FC2ブログ
2018’06.21・Thu

MAGIC SAM 「WEST SIDE SOUL」

pmagicsam001.jpg

 マジック・サムには以前から興味がありまして、ず~っと聞きたいと思っていたのですが、なかなか盤が見つからなくて、あったとしても猛烈に高かったりして手が出なかったんですよね~。しかしこの度ブックオフにてお手頃価格で見つけましたので、喜んでゲットさせていただいた次第であります。ありがたや~♪とは言ってもわっちは元々ブルースが苦手ですし、現在は持っているブツも極めて少ないです。好きなのはホップ・ウィルスンとかビッグ・ビル・ブルーンジー、ライトニン・ホプキンズ等、ごく限られた連中だけですし。それなのに何故マジック・サムに興味があったかと言うと、単に黒人音楽ファンの評価が極めて高いからなんですが、若くして亡くなった幻のブルースマンの超絶的大名盤みたいなことを言われると、聞いてみたくなるじゃないですか!

 というワケで念願叶ってやっと聞けたこの1968年の盤(ですよね?)、1曲目がブルースではなくてまるでめっさディープなサザン・ソウルって感じで、一発で好きになってしまいました!おおっ、素晴らしいではないですか、こんな感じの曲が続くならブルースなんて思わずに聞ける~♪などと思ったのも束の間、2曲目からはバリバリのブルースでした・・・。そっか、そりゃあそうですよね。偉大なブルースマンなんて言われてるワケですから、丸ごとサザンソウルなはずがありません。う~む、こうなって来ると当然の如く「ブルース苦手じゃ~!」意識が出て来てしまうんですよね~。

 ただ、この人のブルースってギトギトに真っ黒いって感じではありませんよね。ディープはディープなんですけど、ライトニン・ホプキンズみたいに真っ黒汁ドロリでもなければ、マディ・ウォーターズみたいに物凄い不良っぽい感じでもありませんし、うるさくもなければ情念ドロドロでもなく、程好く聞きやすいという気が致します。などと言ったら頭から湯気を出して怒る人がいらっしゃるんでしょうけど、スッキリとした都会的な感覚があるのが、この人の特徴なのかな~とわっちには感じられるのであります。もしかしたらその辺の感覚が当時としては新しく、だから高く評価されているのかな~などと、何も知らないながらそんなことを思ったりして。

 そう感じられるのは、この人の歌によるところが大きいと思います。わっちにはこの歌がブルースの形式を借りたソウルに聞こえるのでありまして、もしかしたらソウル・シンガーとしても十分にヤッテ行けたんじゃないかと思うワケでございますよ。まあ形式がブルースですから苦手意識は拭えないものの、あまりやさぐれていないこの歌声はやっぱり魅力的だと思います。黒人音楽マニア達の間でこの人がどのように評価されているのかは知りませんけど、この毒気の無い歌こそが素晴らしいなんて言っている人はいらっしゃるんでしょうかね~。歌手としてのマジック・サムに魅力を感じるという方、この指とまれ~♪・・・って、誰もいないか?
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL