FC2ブログ
2018’08.03・Fri

スーフィーの神秘の笛 トルコ・メヴレヴィー旋回舞踊の音楽

pスーフィー神秘の笛001

 ビクターのエスニック・サウンド・シリーズの31番として1988年にリリースされました、トルコの旋回舞踊の音楽盤であります。この盤の存在は発売当初から存じておりましたが、特に興味がある音楽ではなくて新品でゲットしようとは思いませんでしたし、中古で見かけることも全然ありませんでしたので、結局は聞かないままになっておりました。しかしこの度ブックオフの500円棚で発見しましたので、試しにゲットしてみた次第であります。トルコに行った時に旋回舞踊が行なわれているという場所には行きましたし、機会があれば聞いてみてもイイかな~とは思っておりましたので。

 ところでこのビクターのエスニック・サウンド・シリーズは高音質の日本録音をウリにしている盤が色々と出ていますけど、この盤は残念ながら(?)そうではなくて、イスタンブールでトルコ人スタッフが録音しているようです。まあそれでも内容が良ければ全然問題はありません。実際にこのシリーズには、ピグミーのポリフォニーみたいな現地録音の名盤なんかもありますしね~。で、今回のコチラの盤でございますが、音質がメチャクチャに良いというワケではないにしても、スーフィーの神秘的な雰囲気はよく捉えていると思います。トルコで見学した旋回舞踊が実施されるという場所で流れていた音楽は、まさにこんな感じでしたし。

 この音楽で使われている楽器は葦笛のネイ、弦楽器のケメンチェ、打楽器のベンディルの3種だけですが、悠久の時の流れを感じさせる柔らかい響きとゆったりとした旋律に、心癒される感じがしますね。メルジャン・デデの音楽なんかをお聞きになっている方には既にお馴染みの音かと思いますが、デデから先鋭的な要素を取り除けばこの盤の音楽になるんだと思います。あ、そう言えばトルコで見学した旋回舞踊の施設のお土産屋さんには、デデのCDが置いてありましたね~。地元の方々も、デデの音楽が正しく伝統を受け継いでいると解釈しておられるんでしょうね、きっと。

 まあぶっちゃけ言えばどの曲を聞いても同じような音とメロディばっかりですので、人によっては退屈極まりない音楽に感じられるのではないかと思います。でもこの退屈の権化みたいな延々と続く反復フレーズこそが、神との合一を目指す音楽の真髄なんだと思います。反復こそが精神的な陶酔感をもたらすワケですから。民俗音楽やポピュラー音楽って基本的に反復の音楽ですが、人間って太古の昔から反復の心地好さとか素晴らしさを知っているんでしょうね。
スポンサーサイト

Categorie中近東  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL