FC2ブログ
2018’08.09・Thu

TRIONA

ptriona001.jpg

 アイルランドのトラッド系歌手トゥリーナ・ニ・ゴーナルの、1975年のソロアルバムであります。トゥリーナさんはミホール・オ・ドーナルの妹で、ボシー・バンドとかわっちの嫌いなナイトノイズ(遊佐未森のバックもヤッテましたね)なんかでも歌っていた人ですね、なんて言ったところで誰にも通じないのが悲しいんですけど、ある時期にトラッドとかケルト系音楽の深い森を数年ほど彷徨ったことがあるわっちにとっては、結構一般常識だったりして。

 というどうでもいい話はさて置き、わっちは基本的にトゥリーナさんって好きじゃないんですよ。それは何故かって、この人がナイトノイズで演奏していたクラヴィネットの音があまりにトラッド系音楽に似合ってなくて、辟易してしまったからであります。「なんだこのオバハン、全然センス無えじゃねえか!」って感じで。そんなトゥリーナさんがナイトノイズよりも10年以上前に出していた今回のソロアルバム、実は以前持っていたんですけど、ナイトノイズのきしょさのイメージがあまりに強くて、冷静に聞いていられなくてさっさと売り払ってしまったのであります。しかしこの度ブックオフの500円棚に佇んでいるのを見つけまして、ついつい手が出てしまったワケでございます。

 本当に久し振りに再会したトゥリーナさんでありますが、このアルバムではクラヴィネットではなくてハープシコードなどというトラッド系音楽には極めて珍しい楽器を使っているんですが、以前はこのハープシコードの音がまるでクラヴィネットみたいに聞こえて気持ち悪くて仕方なかったんですよね~。何だか不気味な教会音楽みたいな感じがして。しかしこうやって改めて聞いてみると、意外にそんなに悪くはないかな~って気がしますね。まあわっちは極めてテキトーでエエ加減な耳の持ち主ですから、昨日と今日では掌を返したかの如く評価を変えたりしますけど、今回も見事に掌返しって感じですね~♪だって結構イイ音するんですから、ハープシコードって。別にどうでもいいんですけど、トラッド系音楽でこの楽器を使った人って、トゥリーナさんの他にはショーン・オ・リアダぐらいしかいませんよね。

 ハープシコードの音が受け入れられるようになりますと、トゥリーナさんのクールでありながらも肉感的な歌は元から非常に素晴らしいですから、「嗚呼っ、めっさ良いアルバムやんけ!」ってことになってしまうのでありますよ。う~む、わっちは何故この盤をあんなに嫌っていたのでしょうか?ぶっちゃけ、めっさ良いですよこのアルバム。昔のわっちみたいにハープシコードの音がトラッド系音楽には合わないと感じる方もいらっしゃるかと思いますけど、イヤイヤ、なかなかにユニークな響きで面白いですよ。こういうトラッドがあってもイイじゃない、な~んて思えるようになった自分を褒めてやりたい今日この頃なのであります~♪
スポンサーサイト

Categorie欧米  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL