FC2ブログ
2018’08.26・Sun

CDの山の中に埋もれていたブツ~いんど猫 「メルクリウス」

pindonrko001.jpg

 女性3人組ロックバンド、いんど猫のアルバムです。一体いつの作品なのかは記載が無いのでよくわかりませんが、多分1990年盤かと思います。イカ天出身のバンドらしいのですが、ポップさを一切排したハードでサイケでちょいとプログレがかったダークなロックは、おどろおどろしいと言いますか、呪術的と言いますか、なかなかに独特なモノがありますね~。

 ところで80年代後半の日本の音楽界って、おニャン子クラブなんかに代表されるケーハクで薄っぺらいポップスが大流行していましたけど、そのアンチテーゼというワケではありませんが、インディーズロックもまた大流行していましたよね?いんど猫はまさにそのインディーズロックの流れを汲むバンドでありまして、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドあたりから英国ニューウェーヴ、ペイズリー・アンダーグラウンドなんかの影響が如実に現れております。まあ当時としては正統派な音楽性なんですが、今の時代ではなかかな耳にしないタイプのロックですので、実に新鮮に聞こえますね。と言いますか、何故今の時代はこの手の音楽が出て来ないのかがよくわかりません。今時ロックバンドをヤッテいる連中なんかは、ヴェルヴェッツだのニューウェーヴだのペイズリー・アンダーグラウンドだのは聞かないんでしょうね~、多分。そんなことを考えると、コチラのいんど猫盤って今の時代にはかなり貴重な音楽を聞ける盤だと言えるでしょうね。独特の重厚なダークロック盤として、今時のロックばかり聞いている人にこそ聞いて欲しいと思います。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL