FC2ブログ
2018’08.27・Mon

井上麻美 「世界中のステキ信じてる」

pinouemami001.jpg

 先日ブックオフの280円棚を見ていた時のこと、何か面白そうな盤は無いかな〜と思っていたら、井上麻美(いのうえまみ)という娘の1992年のデビュー盤に出くわしました。これまで全く見たことも聞いたことも無い娘ですが、何だか妙に気になりますので思わずゲットしてしまった次第であります。剛力彩芽を田舎っぽくしたような野暮ったいジャケ写の顔が、実に良いではないですか。これで中嶋美智代とか高橋由美子みたいな感じの歌だったらめっさイイのにな〜とか思いつつ・・・。

 とりあえずは何の予備知識も無いまま盤を再生してみますと、コレはコレは、音程もリズムも不安定なヘロッヘロの歌が飛び出してきましたね〜。う〜む、なかなかイイじゃないですか。歌の修行なんぞ何ひとつしていないド素人の娘が聞くに堪えない歌を聞かせているみたいな、吉沢秋絵とか新田恵利なんかを思わせるヘッポコさが実にステキです。その昔、斉藤由貴が吉沢秋絵の曲を聞いて、その壮絶な下手さに驚いて「コレってレコードですよね?」と言ったという逸話がありますが、もし斉藤さんが井上さんの歌を聞いたら何て言うでしょうかね〜。そんなことを妄想するのも楽しい愉快盤〜♪

 とにかく歌唱力なんて求めるべくもないと言いましょうか、そんなモノを求める方が間違っているのでありますが、ヘンなモノ好きにはたまらない作品に仕上がっていると思います。ただ曲自体は結構爽やな青春歌謡っぽくなっていますから、この手の曲だったら意外に聞けるという人も多いのでは?な〜んて思ったりもする今日この頃なのであります。
スポンサーサイト

Categorie日本  トラックバック(0) コメント(0) TOP

Next |  Back
Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可
この記事のトラックバックURL